コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家内労働条約 かないろうどうじょうやくtreaty on domestic work

2件 の用語解説(家内労働条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家内労働条約
かないろうどうじょうやく
treaty on domestic work

家内労働者の待遇を賃金労働者と同等に引上げることを目的とする条約で,1996年6月,国際労働機関 (ILO) の総会で採択された (177号) 。コンピュータ関連の在宅勤務者 (テレワーカー) が世界的に急増し,しかも多くの国で,従来の家内労働法の対象外とされている現状が反映された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

家内労働条約【かないろうどうじょうやく】

ILOで1996年採択された国際労働基準条約の一つ。英語の〈Home Work Convention〉を〈在宅形態の労働に関する条約〉とも訳す。パーソナルコンピューターを使った在宅勤務形態の増加傾向などに対応するため,サービス業を含む家内労働・内職における労使間の基本的ルールを設定。
→関連項目労働基準法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone