コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家内労働条約 かないろうどうじょうやくtreaty on domestic work

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家内労働条約
かないろうどうじょうやく
treaty on domestic work

家内労働者の待遇を賃金労働者と同等に引上げることを目的とする条約で,1996年6月,国際労働機関 (ILO) の総会で採択された (177号) 。コンピュータ関連の在宅勤務者 (テレワーカー) が世界的に急増し,しかも多くの国で,従来の家内労働法の対象外とされている現状が反映された。日本では衣料品の縫製などを中心に約 58万人の家内労働者がおり,家内労働法で保護されているが,在宅勤務者はその対象からはずされており,日本のみならず批准に消極的な国が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

家内労働条約【かないろうどうじょうやく】

ILOで1996年採択された国際労働基準条約の一つ。英語の〈Home Work Convention〉を〈在宅形態の労働に関する条約〉とも訳す。パーソナルコンピューターを使った在宅勤務形態の増加傾向などに対応するため,サービス業を含む家内労働・内職における労使間の基本的ルールを設定。
→関連項目労働基準法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android