コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家宅捜索(読み)カタクソウサク

百科事典マイペディアの解説

家宅捜索【かたくそうさく】

住居について行われる捜索。住居主,看守者またはこれに代わる者の立会いが必要であり,日出前・日没後には令状にその旨の記載がなければ原則として行えない(刑事訴訟法114,116,117条)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かたくそうさく【家宅捜索】

裁判所・検察官・警察官などが容疑者や証拠を発見するため職権によって住居の内外を捜索すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家宅捜索
かたくそうさく

人の住居に立ち入って、押収すべき物、または逮捕・勾引(こういん)もしくは勾留すべき人を、捜索することをいう。検察官、検察事務官または司法警察職員は、犯罪の捜査のために必要があるときは、裁判官の発する令状により家宅捜索をすることができる(刑事訴訟法218条)。ただし、逮捕に伴って捜索する場合には、令状を必要としない(同法220条)。被疑者以外の者の住居について捜索する場合には、押収すべき物の存在を認めるに足りる状況のある場合に限って捜索することができる(同法102条2項、222条1項)。裁判所も、被告人の住居については必要がある場合に、被告人以外の者の住居については押収すべき物の存在を認めるに足りる状況のある場合に限り、令状により捜索することができる(同法102条、106条、なお126条参照)。[内田一郎・田口守一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の家宅捜索の言及

【捜索】より


[刑事訴訟法上の捜索]
 刑事手続における強制処分の一種で,官憲が一定の場所(住居,人の身体など)で物または人を捜すことをいう。住居における捜索は,俗に家宅捜索ともいう。憲法によって,何人も,逮捕の場合を除いては,司法官憲(裁判官)が正当な理由に基づいて,捜索の場所と押収すべき物を明示して発付する個別的な令状によらなければ,住居,所持品等の捜索を受けない権利を保障されている(日本国憲法35条)。…

※「家宅捜索」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家宅捜索の関連情報