コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強制処分 きょうせいしょぶん

5件 の用語解説(強制処分の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強制処分
きょうせいしょぶん

刑事手続において,被疑者 (被告人) ,証人などの身柄の確保や証拠の収集,保全などのために,相手方の同意の有無にかかわらず,捜査機関または裁判機関がなす処分で,人の身体,自由,財産などに関する権利・利益の侵害を伴うものをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょうせい‐しょぶん〔キヤウセイ‐〕【強制処分】

刑事訴訟法で、犯罪捜査の必要上強制的に行われる処分。逮捕・勾留(こうりゅう)召喚押収・捜索など。広義では、証拠調べの性質をもつ検証・証人尋問・鑑定などを含む。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

強制処分【きょうせいしょぶん】

刑事訴訟法上,広義では,強制力をもって行う一切の処分,狭義では,そのうち証拠調べの性質をもつもの(検証・証人尋問・鑑定など)以外の処分をいう。捜査機関が行うものとしては逮捕・捜索・押収など(強制捜査),裁判機関が行うものとしては召喚勾引勾留などがある。
→関連項目捜索領置令状

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

きょうせいしょぶん【強制処分】

刑事訴訟法で、被疑者の逃亡や証拠の隠滅を防ぐために、強制的に被疑者を逮捕・勾留したり証拠物を押収したりすること。
旧民事訴訟法上の用語で、「執行処分」に同じ。 → 執行処分

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

強制処分
きょうせいしょぶん

刑事訴訟手続を実行するために、必要とされる人および物を確保するための強制を伴う処分をいう。広義では、強制的要素を含むいっさいの処分をいう。したがって、証拠調べの性質をもつ検証、証人尋問、鑑定、通訳、翻訳も強制処分に含まれることになる。しかし、強制処分は、一般には、証拠調べの処分を除いた狭義の意味で用いられる。強制処分の主体としては、裁判所または裁判官が行う場合と捜査機関が行う場合とがある。裁判所または裁判官が行う場合としては、対人的強制処分として、召喚、勾引(こういん)、勾留がある(刑事訴訟法57条以下)。被告人に対し一定の日時に一定の場所に出頭することを命ずる出頭命令(同法68条)なども強制処分である。これに対して、対物的強制処分としては、押収、捜索、提出命令がある(同法99条)。捜査機関である司法警察職員、司法警察職員として職務を行うべき者、検察官、検察事務官が行う強制処分としても、対人的強制処分として、逮捕、起訴前の勾留があり(同法199条、207条など)、対物的強制処分として捜索、押収、検証などがある(同法218条など)。
 強制処分は、法律に特別の定めがある場合に限られる(同法197条1項但書)。これを強制処分法定主義とよんでいる。また、捜査機関が強制処分を行うには、原則として、裁判官の令状を得て、これを行わなければならない(憲法33条、35条)。これを令状主義とよんでいる。そこで、どのような行為が強制処分となるかが問題となるが、判例は、個人の意思を制圧し、身体、住居、財産等に制約を加えて強制的に捜査目的を実現する行為など、特別な根拠規定がなければ許容することが相当でない手段をいうとしている。学説では、個人の重要な利益を侵害する処分を強制処分と解する見解が有力である。なお、通信の当事者のいずれの同意も得ないで電気通信の傍受を行う処分(いわゆる通信傍受、盗聴)も強制処分とされている(刑事訴訟法222条の2)。[田口守一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

強制処分の関連キーワード民事夜中六官民事部俺の空〜刑事編〜853/刑事・加茂伸之介リミット/刑事の現場〈2〉二柄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

強制処分の関連情報