コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿直装束 トノイソウゾク

3件 の用語解説(宿直装束の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とのい‐そうぞく〔とのゐサウゾク〕【宿直装束】

宿直(とのい)1に着用した装束。略式の衣冠または直衣(のうし)束帯(そくたい)より軽装。とのいぎぬ。→昼(ひ)の装束

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とのいそうぞく【宿直装束】

官人が宮中で宿直するときの装束。表向きでない姿。朝臣は衣冠あるいは直衣のうし、女房は小袿こうちきと袴。とのいぎぬ。 「大将…-しかへて、召しあれば参り給ひぬ/宇津保 蔵開中」 → の装束

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宿直装束
とのいしょうぞく

官人が宮中に宿直するときの服装。宿装束とも書かれ、「昼(ひ)の装束」に対していわれる。文官も武官も縫腋(ほうえき)の袍(ほう)のはこえ(後ろ腰の袋状にたくし上げた部分)を外に出して着る、すなわち衣冠(いかん)姿であった。『枕草子(まくらのそうし)』に「うへのきぬの色いときよらにて革の帯のかたつきたるを宿直姿にひきはこえて紫の指貫(さしぬき)も雪に冴(さ)え映えて」とある。しかし『雅亮(まさすけ)装束抄』には「とのゐそうぞくといふは、つねのいくはんなり、さしぬきしたはかまつねのことし、そのうへにわきあけをきて、かりぎぬのをびをするなり」とあって闕腋(けってき)の袍も用いたようである。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宿直装束の言及

【衣冠】より

…衣冠が成立するまでには,このような実際的な必要にもとづく事情があった。そのため束帯を昼装束(ひのしようぞく)とよんだのに対して,この衣冠を宿直装束(とのいしようぞく)といった。一方直衣(のうし)ができて,宿直用にも用いられたが,これは平服で正装とはされなかった。…

【束帯】より

…さらに服装の長大化,和様化にしたがって優雅典麗な形式に発展した。束帯は晴装束として昼間に用いられるものであるため,昼(ひ)の装束とも呼ばれ,略装で宿直(とのい)装束の布袴(ほうこ)や衣冠(いかん)と区別した。武家も将軍以下五位以上の者は大儀に際して着装した。…

【寝巻】より

…日本では鎌倉時代の《春日権現験記》などの絵巻類に見られるように,貴族も装束を脱ぎ下に着ている白絹の小袖のまま夜着をひきかぶっており,庶民もまた日常着の麻の小袖のままであった。貴族の間には昼間の装束に対して,宮中に宿直するときに着用する宿直(とのい)装束があった。〈ねまき〉ということばは16世紀の辞書《運歩色葉集(うんぼいろはしゆう)》に現れており,江戸時代の《貞丈雑記》でも,〈こおんぞと云はこねまきの事也 常の小袖の形にてゆき丈をば長くする也 とのゐ物の一名をおんぞと云 とのゐ物よりはちいさき故小おんぞと云也〉と記している。…

※「宿直装束」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宿直装束の関連キーワード大宿直宿直衣宿直姿宿直所宿直人宿直袋宿直物宿直物の袋緑の衣宿直蟇目

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone