コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄合衆 よりあいしゅう

4件 の用語解説(寄合衆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄合衆
よりあいしゅう

鎌倉幕府末期の職名。史料上の明確な初見は正応2 (1289) 年であるが,すでにこれ以前から一部重臣による幕政会議 (→寄合 ) がもたれ,その職にあるものが寄合衆と呼ばれており,得宗専制権力の非制度的拠点として出発したことを示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よりあい‐しゅう〔よりあひ‐〕【寄合衆】

鎌倉中期以後、北条氏私邸に集まって国政を評議した者たち。北条一門やその有力家臣などで構成された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

よりあいしゅう【寄合衆】

寄合を構成した者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寄合衆
よりあいしゅう

鎌倉幕府末期の職名。得宗(とくそう)の近親・縁故者、有力被官を構成員とし、幕政上の重要事項を審議・決定し、得宗専制政治を支えた。1289年(正応2)北条時村(ときむら)の就任を史料上の初見とするが、すでに執権時頼(しっけんときより)の時代には、その私邸で一部重臣、得宗被官(御内人(みうちびと))による秘密会議がたびたび開かれ、これを「寄合」と称した事実が知られる。幕府編纂(へんさん)の法律書『沙汰未練書(さたみれんしょ)』にも「一、御寄合事、評定(ひょうじょう)衆中宗人々有御寄合。秘密御内談在之也」とみえ、得宗を中心とするごく限られた人々による重事密議の会合が、のちに制度化されたものと思われる。寄合衆の定立とともに、従来執権政治を支えてきた評定衆の制は形骸(けいがい)化した。ここに得宗専制の進行を幕府機構上の変化として確認できる。[杉橋隆夫]
『佐藤進一著『鎌倉幕府政治の専制化について』(竹内理三編『日本封建制成立の研究』所収・1955・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寄合衆の関連キーワード引付衆評定奉行合奉行蝦夷管領近習番造営奉行安堵奉行厩奉行御出奉行祈祷奉行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone