コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄合衆 よりあいしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄合衆
よりあいしゅう

鎌倉幕府末期の職名。史料上の明確な初見は正応2 (1289) 年であるが,すでにこれ以前から一部重臣による幕政会議 (→寄合 ) がもたれ,その職にあるものが寄合衆と呼ばれており,得宗専制権力の非制度的拠点として出発したことを示す。構成員としては得宗,北条一門,御内人など 10名ほどがみえる。寄合が幕政上の制度として定置されるに従い,従来の要職たる評定衆は次第に実質的な意義を失っていった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よりあい‐しゅう〔よりあひ‐〕【寄合衆】

鎌倉中期以後、北条氏私邸に集まって国政を評議した者たち。北条一門やその有力家臣などで構成された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よりあいしゅう【寄合衆】

寄合を構成した者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寄合衆
よりあいしゅう

鎌倉幕府末期の職名。得宗(とくそう)の近親・縁故者、有力被官を構成員とし、幕政上の重要事項を審議・決定し、得宗専制政治を支えた。1289年(正応2)北条時村(ときむら)の就任を史料上の初見とするが、すでに執権時頼(しっけんときより)の時代には、その私邸で一部重臣、得宗被官(御内人(みうちびと))による秘密会議がたびたび開かれ、これを「寄合」と称した事実が知られる。幕府編纂(へんさん)の法律書『沙汰未練書(さたみれんしょ)』にも「一、御寄合事、評定(ひょうじょう)衆中宗人々有御寄合。秘密御内談在之也」とみえ、得宗を中心とするごく限られた人々による重事密議の会合が、のちに制度化されたものと思われる。寄合衆の定立とともに、従来執権政治を支えてきた評定衆の制は形骸(けいがい)化した。ここに得宗専制の進行を幕府機構上の変化として確認できる。[杉橋隆夫]
『佐藤進一著『鎌倉幕府政治の専制化について』(竹内理三編『日本封建制成立の研究』所収・1955・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

寄合衆の関連キーワード金沢貞顕(かねさわさだあき)金沢実時(かねさわさねとき)かすみがうら(市)北条時村(2)朋誠堂喜三二二階堂行藤大仏宗宣諏訪真性金沢貞顕北条時村北条煕時菊池武重安達時顕交替寄合長井宗秀北条貞時川上久辰朽木宣綱最上義連生駒親敬

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄合衆の関連情報