コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富永荘 とみながのしょう

百科事典マイペディアの解説

富永荘【とみながのしょう】

近江国伊香(いか)郡に置かれた荘園。現滋賀県高月町から木之本町域(いずれも合併し,現在は長浜市)にわたる荘域。鎌倉期に延暦(えんりゃく)寺領としてみえ,荘内には院に奉仕する召次(めしつぎ)の下地があった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とみながのしょう【富永荘】

近江国伊香郡(現,滋賀県伊香郡高月町,木之本町あたり)の荘園。《近江輿地志略》には〈伊香郡の南にある荘にして,浅井郡との界也〉とある。荘域について四至を的確に示すことはできないが,現在の高月町,木之本町が想定されている。成立の時期もその事情も明らかでないが,鎌倉時代には延暦寺領として存在しており,荘内に院に奉仕する〈召次(めしつぎ)〉の下地のあったことも知られている。高月町井口の日吉神社には,1420‐25年(応永27‐32)にいたる古文書案62点をはじめとする本荘に関する史料が蔵されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

富永荘の関連キーワード木之本[町]高月[町]守護山門延暦寺領

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android