コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高月 たかつき

2件 の用語解説(高月の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高月
たかつき

滋賀県北部,長浜市中部の旧町域。琵琶湖北岸に位置する。1954年北富永村,南富永村,古保利村の 3村が合体し,町制。1955年七郷村を編入。2010年長浜市に編入。大部分は姉川の支流高時川の形成する沖積平野で,米作のほかスイカの栽培が行なわれる。条里制遺構がある。イネを干すための畦畔木の景観が特色であったが,国,県の湖北農業水利事業による用水路と圃場の整備が進み変貌した。中心集落の高月にガラス工場や機械工場がある。中世の渡岸寺(どうがんじ)跡に置かれた向源寺にある国宝の十一面観音立像をはじめ,多くの文化財が残っている。旧町域は西の対岸に及び,湖岸一帯は琵琶湖国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高月
たかつき

滋賀県北東部、伊香(いか)郡にあった旧町名(高月町(ちょう))。現在は長浜市の中南部に位置する地域。1954年(昭和29)北富永、南富永、古保利(こほり)の3村が合併して成立。1955年七郷(ななさと)村を編入。2010年(平成22)東浅井(ひがしあざい)郡虎姫(とらひめ)町、湖北(こほく)町、伊香郡木之本(きのもと)町、余呉(よご)町、西浅井(にしあざい)町とともに長浜市へ編入。旧町名は江戸時代の村名による。琵琶(びわ)湖北東岸、高時(たかとき)川谷口と余呉(よご)川の下流域を占める。JR北陸本線、国道8号、365号が通じ、北陸自動車道木之本インターチェンジに近い。主産業は農業で、米作のほかスイカの栽培が盛ん。またガラス、機械などの工場が立地し、工業出荷額は湖北地方では最高である。渡岸(どうがん)寺(向源(こうげん)寺)の木造十一面観音(かんのん)立像(平安時代)は国宝。儒学者の雨森芳洲(あめのもりほうしゅう)の出身地。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高月の関連情報