コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高月 たかつき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高月
たかつき

滋賀県北部,長浜市中部の旧町域。琵琶湖北岸に位置する。1954年北富永村,南富永村,古保利村の 3村が合体し,町制。1955年七郷村を編入。2010年長浜市に編入。大部分は姉川の支流高時川の形成する沖積平野で,米作のほかスイカの栽培が行なわれる。条里制遺構がある。イネを干すための畦畔木の景観が特色であったが,国,県の湖北農業水利事業による用水路と圃場の整備が進み変貌した。中心集落の高月にガラス工場や機械工場がある。中世の渡岸寺(どうがんじ)跡に置かれた向源寺にある国宝の十一面観音立像をはじめ,多くの文化財が残っている。旧町域は西の対岸に及び,湖岸一帯は琵琶湖国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高月
たかつき

滋賀県北東部、伊香(いか)郡にあった旧町名(高月町(ちょう))。現在は長浜市の中南部に位置する地域。1954年(昭和29)北富永、南富永、古保利(こほり)の3村が合併して成立。1955年七郷(ななさと)村を編入。2010年(平成22)東浅井(ひがしあざい)郡虎姫(とらひめ)町、湖北(こほく)町、伊香郡木之本(きのもと)町、余呉(よご)町、西浅井(にしあざい)町とともに長浜市へ編入。旧町名は江戸時代の村名による。琵琶(びわ)湖北東岸、高時(たかとき)川谷口と余呉(よご)川の下流域を占める。JR北陸本線、国道8号、365号が通じ、北陸自動車道木之本インターチェンジに近い。主産業は農業で、米作のほかスイカの栽培が盛ん。またガラス、機械などの工場が立地し、工業出荷額は湖北地方では最高である。渡岸(どうがん)寺(向源(こうげん)寺)の木造十一面観音(かんのん)立像(平安時代)は国宝。儒学者の雨森芳洲(あめのもりほうしゅう)の出身地。[高橋誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高月の関連キーワード沖縄県島尻郡座間味村座間味高月観音の里歴史民俗資料館滋賀県長浜市高月町渡岸寺東京都八王子市高月町思い出のマーニー滝山都立自然公園山陽(岡山県)古保利古墳群高月丸なす長浜(市)松平氏遺跡新・長浜市山岡 孫吉玉東(町)鬼北(町)仁義の墓場虎姫[町]家なき子加藤貞泰飯野平城

高月の関連情報