コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田木歩 とみた もっぽ

3件 の用語解説(富田木歩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田木歩 とみた-もっぽ

1897-1923 大正時代の俳人。
明治30年4月14日生まれ。原石鼎(せきてい),ついで臼田亜浪(あろう)に師事し「石楠(しゃくなげ)」に所属。新井声風と親交をむすび,「茜(あかね)」のち「曲水」に参加。幼時からの歩行不能や生活苦のなかで独自の句をよんだ。大正12年9月1日関東大震災で死去。27歳。東京出身。本名は一(はじめ)。別号に吟波。句集に「木歩句集」。
【格言など】かそけくも咽喉(のど)鳴る妹よ鳳仙花(「定本木歩句集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

富田木歩

没年:大正12.9.1(1923)
生年:明治30.4.14(1897)
大正時代の俳人。本名一,旧号吟波。東京本所の小梅町生まれ。生まれた翌年に病気のため両足の自由を失い,また隅田川の大洪水で一家貧窮のどん底につきおとされた。そのため人形の屑取りの手仕事をしながら独学で字を覚え,俳句に生き甲斐を見いだす。大正4(1915)年に小梅吟社をおこし,『ホトトギス』などに投句。手作りの木の義足にちなんで6年に木歩と改号した。「枸杞茂る中よ木歩の残り居る」。終生の友,新井声風の引き立てにより,境涯の詩人として評価されるに至ったが,関東大震災非業の死をとげた。著書に『木歩句集』(1934),『富田木歩全集』(1964)などがある。

(平石典子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富田木歩
とみたもっぽ
(1897―1923)

俳人。東京本所(ほんじょ)に生まれる。本名一(はじめ)。生後まもなく足の自由を失い、小学校にも行けず、めんこ類で独り文字を覚えた。『ホトトギス』の原石鼎(せきてい)に俳句の指導を受け、『石楠(しゃくなげ)』に入り、『茜(あかね)』同人となり、新井声風と親交を結んで『曲水』に転じた。貧困、肺患、脚疾にさいなまれながら、独自の境涯句をつくって注目されたが、関東大震災の際、墨堤(ぼくてい)に横死した。年26歳。『木歩句集』(1934)、『木歩文集』(1934)などがある。[村山古郷]
 我が肩に蜘蛛(くも)の糸張る秋の暮
『『決定版富田木歩全集』全一巻(1964・世界文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富田木歩の関連キーワード旧号佐々木北涯数藤五城原コウ子牧野望東松村鬼史松本蔦斎宮沢朱明柳下孤村矢部指直

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone