寒氷(読み)かんごおり

  • かんごおり ‥ごほり
  • かんぴょう

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「かんごり(寒垢離)」から転じて) からだの冷えること。また、冬に小児などが裸になることをいう。かんごり。
※俳諧・佐夜中山集(1664)四「おさなき人の見る朝かがみ つめたきをおかん氷ともてはやし」
〘名〙 寒々とした氷。寒中に張る氷。
※本朝文粋(1060頃)一三・朱雀院平賊後被修法会願文〈大江朝綱〉「九泉之底。永纏寒冰
※十訓抄(1252)二「其性寒氷よりも潔し」 〔詩経‐大雅・生民〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android