コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛朝 かんちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寛朝
かんちょう

[生]延喜16 (916)
[没]長徳4 (998)
平安時代の僧,真言声明の中興の祖。敦実親王の第2子で宇多天皇の孫にあたる。11歳で仁和寺で出家した。その後,仁和寺,西寺東大寺の別当を歴任。寛和2(986)年真言宗初の大僧正となる。永祚1(989)年,京都の広沢池のほとりに遍照寺を開基(→広沢流),俗に広沢の僧正と呼ばれた。天慶3(940)年,成田山新勝寺も開山した。天性の美声に加えて音楽的才能に優れ,真言声明に一時代を画した。『理趣経』の作曲者で,中曲という新しい音階の創始者と伝えられる。(→声明

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寛朝 かんちょう

916-998 平安時代中期の僧。
延喜(えんぎ)16年生まれ。敦実(あつみ)親王の王子。祖父の寛平法皇(宇多天皇)のもとで出家し,真言宗の寛空から灌頂(かんじょう)をうける。仁和(にんな)寺・西寺・東大寺別当,東寺長者などを歴任。寛和(かんな)2年(986)真言宗初の大僧正にすすんだ。永祚(えいそ)元年京都広沢池畔に遍照寺を創建,広沢流をおこした。真言声明(しょうみょう)の中興の祖。長徳4年6月12日死去。83歳。通称は遍照寺僧正,広沢御房。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

寛朝

没年:長徳4.6.12(998.7.8)
生年:延喜16(916)
平安中期の真言宗の僧。天皇家を護持する皇族系密教僧で広沢流の祖。敦実親王の子,宇多天皇の孫。11歳のとき宇多法皇のもとで出家。寛空に師事し両部灌頂を受けた。仁和寺別当などを経て,天元4(981)年東寺長者に就任。寛和2(986)年大僧正。永祚1(989)年嵯峨広沢池畔に遍照寺を創建して密教の道場とし,広沢流の名の由来となる。寛朝は事相(密教修法),教相(密教理論)ともに優れ,声明(仏教歌謡)の大家でもあった。霊力は天台の良源と並び称され,天元4年宮中で五大明王を駆使する五壇法を修するや,寛朝,良源いずれも生身の明王を顕現したという。弟子に深覚,雅慶など。

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんちょう【寛朝】

916‐998(延喜16‐長徳4)
平安中期,真言宗仁和寺の僧。東密広沢流の祖。遍照寺または広沢大僧正と号する。敦実親王の子,宇多法皇の孫。926年(延長4)仁和寺で出家,948年(天暦2)宇多法皇付法の寛空に伝法灌頂を受けた。仁和寺別当,法務,西寺別当,東寺一の長者,東大寺別当等を歴任し,986年(寛和2)天台宗良源の後をうけて東密最初の大僧正となる。989年(永祚1)広沢池の近辺に遍照寺を建立し,密教興立の中心とした。声明(しようみよう)にすぐれ,声明の音律,理趣経の韻調を調えるなど,東密声明の中興とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寛朝
かんちょう
(916―998)

平安中期の真言宗の僧。「かんじょう」ともいう。別称を遍照寺僧正(へんじょうじそうじょう)、広沢御房(ひろさわごぼう)という。宇多(うだ)天皇の孫。11歳で出家し、967年(康保4)仁和寺(にんなじ)別当となり、以後、東寺(教王護国寺)長者、東大寺別当などを兼任した。986年(寛和2)東寺では初めての大僧正となる。989年(永祚1)嵯峨広沢(さがひろさわ)池畔に遍照寺を創建して事相(じそう)(密教の作法面)を広く伝え、真言宗事相の二大流派の一つである広沢流の名をおこした。また、声明(しょうみょう)の興隆にも力を尽くし、多くの声明の整備、学習段階の設定を行い、『理趣経(りしゅきょう)』に譜をつけるなど、真言声明の中興の祖と仰がれた。[平井宥慶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の寛朝の言及

【新勝寺】より

…成田山明王院と号し,通称成田不動として親しまれる。寺伝によれば,939年(天慶2)平将門が関東に反乱を起こすと,朱雀天皇は直ちに討伐の兵を遣わすとともに,京都広沢遍照寺の僧寛朝に天国の宝剣を授け,朝敵降伏の護摩を修するよう命じた。寛朝は京都の高雄山神護寺の不動尊像と宝剣を捧持し,海路東国に下って現成田市内の公津ヶ原に地を選び,ここに尊像を安置して21日間にわたり朝敵降伏の祈禱を修した。…

【広沢池】より

…京都市右京区嵯峨広沢町にある池。〈ひろさわの僧正〉といわれた寛朝が,989年(永祚1)に池の北西(現在は池の南)に遍照寺を建てたときに開削したというが,実際はそれより早く用水池として開かれたとの考えもある。月の名所として当時から有名。…

※「寛朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寛朝の関連キーワード寛空(かんぐう)宇多源氏円融寺新勝寺覚縁盛算益信済信

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寛朝の関連情報