コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿窓元貞 じゅそう・げんてい

1件 の用語解説(寿窓元貞の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

寿窓元貞

没年:正徳5.11.21(1715.12.16)
生年:寛永7(1630)
江戸前期の黄檗宗の尼。号は松雲院。摂津国尼崎藩(兵庫県)藩主青山幸利の娘。松平信綱の5男信興の妻。信興は常陸国土浦(茨城県)3万2000石を領し,大坂城代京都所司代を歴任したが,元禄4(1691)年閏8月に死没。夫の没後に鉄牛道機のもとで出家,鉄牛の死後に弟子の別峰元見のもとで付法された。正徳2(1712)年,幕府が江戸寺庵復興を許可したおり,円応寺の再興を目論んだ。円応寺は延宝5(1677)年,別峰が鉄牛を開山に中興した禅院であったが,寿窓は師の志を継ぎ,富商広瀬嘉左衛門を開基に本堂,庫裡,山門を建立した。自らも本尊と梵鐘を寄進,正徳2年12月に大覚山円応院と号した。没後,武蔵国新座郡(埼玉県)平林寺に葬られた。<参考文献>『江戸黄檗禅刹記』5巻

(岡佳子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寿窓元貞の関連キーワード黄檗惟一黄檗竺庵黄檗湛堂黄檗大潮黄檗鉄牛祖春元回天瑞梧英梅林如芳亀井東渓月潭道澄

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone