コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊観(1) そんかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊観(1) そんかん

1239-1316 鎌倉時代の僧。
延応元年生まれ。名越朝時(なごえ-ともとき)の子。浄土宗。鎌倉光明寺の良忠に師事する。鎌倉名越の善導寺にすみ,一念業成の教義を主張した。のちこの教説は名越流または善導寺流(善導寺義)とよばれる。正和(しょうわ)5年3月14日死去。78歳。下総(しもうさ)香取郡鏑木(千葉県)出身。字(あざな)は良弁。号は定蓮社。著作に「鳴鼓篇」「浄土十六箇条疑問答」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尊観(1)の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android