コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊観(2) そんかん

1件 の用語解説(尊観(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊観(2) そんかん

1349-1400 南北朝-室町時代の僧。
貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年生まれ。時宗の遊行上人8世の渡船に師事し,至徳4=元中4年12世をつぐ。鎌倉の清浄光寺にすみ,のち播磨(はりま)兵庫の真光寺,出羽(でわ)山形の光明寺,甲斐(かい)(山梨県)府中の一蓮寺の住職をつとめた。時宗中興の祖といわれる。恒明(つねあき)親王の王子の深勝法親王と同一人とする説もある。応永7年10月24日死去。52歳。号は師阿,他阿弥陀仏

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尊観(2)の関連キーワード畠山直宗足利基氏足利直冬じん肺診断ウェンツェルドイツ美術鎌倉府梅松論梵灯足利直冬

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone