小使(読み)こづかい

精選版 日本国語大辞典「小使」の解説

こ‐づかい ‥づかひ【小使】

〘名〙
① 細かい仕事。また、細かい用事に人を使うこと。また、それに従事する人。
※毛利家文書‐弘治元年(1555)児玉就忠言上状「五人六人之事は、御家之小使をも仕へ」
雑用に従事するしもべ。使丁。
※玉塵抄(1563)二三宮中后妃のあいだをいききの小使する官を中使と云ぞ」
③ 学校、会社、官庁などで雑用に従事した人。用務員。
※航海新説(1870)〈中井弘〉上「則ち食監(コヅカヒ)に命し魚肉を炙き」
※俳諧・談林十百韻(1675)上「客帆の台所ぶねかすみ来て〈一鐵〉 小つかひのかねひびく夕暮〈一朝〉」

しょう‐し セウ‥【小使】

〘名〙
雑事や小事に使役する者。中世、中央の官庁だけでなく地方の国衙郡衙などにおかれた役職大使・中使・小使などがあった。
※兵範記‐保元元年(1156)七月八日「使不帰参。以小使巻数」 〔新唐書‐宦者伝上・竇文場・霍仙鳴〕
賀茂祭奉幣の役の一つ。御幣櫃を守護して従う史生。内蔵(寮)小使。
今昔(1120頃か)三一「今年蔵司(くらのつかさ)の小使にて罷(まか)り渡り候つる也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報