コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉常吉 おぐら つねきち

3件 の用語解説(小倉常吉の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小倉常吉

実業家。埼玉県生。上京し水油店に奉公、のち独立して石油業を開き、製油事業を始めた。大島製油所、鶴見貯油所、また新潟及び秋田に優良油田を有し、原油積取汽船数隻をも所有する我国屈指の大石油会社を設立した。昭和9年(1934)歿、70才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小倉常吉 おぐら-つねきち

1865-1934 明治-昭和時代前期の実業家。
慶応元年9月生まれ。明治22年石油販売業をはじめる。第一次大戦後,原油の輸入と精製に取りくみ,大正14年小倉石油を設立(昭和16年日本石油と合併)。横浜に東洋一の精油所をつくった。石油の1斗缶を考案。昭和9年1月1日死去。70歳。武蔵(むさし)大里郡(埼玉県)出身。旧姓は柴崎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小倉常吉
おぐらつねきち
(1865―1934)

石油産業の企業家。埼玉県深谷に生まれる。13年間東京の水油問屋に奉公したのち独立。やがて灯油販売を開始し、1895年(明治28)小倉石油店と改称した。灯油の販売網を拡大し、さらに精製から新潟、秋田原油の生産へと一貫化に成功した。しかし原油不足に苦しみ、せっかくの販売力を生かせなかった。第一次世界大戦後、世界的原油供給増と油価低落傾向に着目、原油輸入を開始して、日本で初めて輸入原油精製方式の導入に成功した。1925年(大正14)小倉石油株式会社を設立、社長として経営を独裁し、最新鋭の横浜製油所の建設などによる技術力の向上に、優れた販売力を結び付け、当時業界首位であった日本石油に迫る成長を達成させた。[森川英正]
『奥田英雄著『小倉常吉伝』(1976・同書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone