小値賀町(読み)おぢか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小値賀〔町〕
おぢか

長崎県,五島列島の北方,溶岩台地の小値賀島と,付近の 16の属島を町域とする町。 1940年町制。小値賀島は,干拓地の水田を除くと大部分が畑地で,畜産と畑作が中心。小値賀牛は有名。漁業は刺網,一本釣り,海藻類養殖が行われる。中心集落は笛吹で,博多-福江航路の寄港地。南東端の殿崎には小値賀空港があり,長崎,福岡と結ばれている。斑島玉石甌穴は天然記念物。町域全体が西海国立公園に属し,景勝地が多い。面積 25.53km2。人口 2560(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小値賀町の関連情報