小児疾患(読み)しょうにしっかん(英語表記)childhood diseases

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「小児疾患」の解説

小児疾患
しょうにしっかん
childhood diseases

日本では胎児もしくは新生児から思春期にいたる 15歳までを小児科が担当し,この時期の疾患小児疾患と呼ぶ。小児疾患のおもなものとして,気管支喘息アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患心室中隔欠損症などの心臓疾患小児麻痺などの神経疾患などがよく知られている。最近は,成人特有の疾患と思われていたインスリン非依存型糖尿病増加などが新たな傾向として注目されている (→小児糖尿病 ) 。また,胎児のうちから奇形に対する手術や先天性代謝異常への治療などが試みられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「小児疾患」の解説

しょうに‐しっかん セウニシックヮン【小児疾患】

〘名〙 小児に特有な病気の総称麻疹水痘ジフテリア猩紅熱(しょうこうねつ)、百日咳など。小児病

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android