コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小児疾患 しょうにしっかんchildhood diseases

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小児疾患
しょうにしっかん
childhood diseases

日本では胎児もしくは新生児から思春期にいたる 15歳までを小児科が担当し,この時期の疾患を小児疾患と呼ぶ。小児疾患のおもなものとして,気管支喘息アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患心室中隔欠損症などの心臓疾患小児麻痺などの神経疾患などがよく知られている。最近は,成人特有の疾患と思われていたインスリン非依存型糖尿病の増加などが新たな傾向として注目されている (→小児糖尿病 ) 。また,胎児のうちから奇形に対する手術や先天性代謝異常への治療などが試みられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

小児疾患の関連キーワード微細脳機能障害症候群京都府立医科大学出生前小児科学反復性臍仙痛生体肝移植国立療養所小児病脱水症推拿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android