コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

築地小劇場 つきじしょうげきじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

築地小劇場
つきじしょうげきじょう

(1) 劇場名 日本に初めて建てられた新劇専門の小劇場。土方与志 (ひじかたよし) が東京中央区築地2丁目に 1924年私財を投じて建設。定員 497名。クッペルホリゾントや照明設備など当時最新の機構が取入れられ,以後,新劇運動の拠点として大きな役割を果した。 41年 11月に国民新劇場と改称,45年空襲で焼失。 (2) 劇団名 小劇場建設とともに,小山内薫土方与志をはじめ,汐見洋,友田恭助,和田精,浅利鶴雄ら同人が創立。 24年6月ゲーリング『海戦』,チェーホフ白鳥の歌』,マゾー『休みの日』で開幕。以後,演劇の実験室を標榜して,欧米の新しい翻訳劇を主として各国各時代のさまざまな傾向の演劇を紹介,上演。また,現在新劇の第一線に活躍する俳優の多くを育てた。 28年 12月小山内薫の急逝によって内部に動揺をきたし,翌3月解散,新築地劇団劇団築地小劇場に分裂した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

築地小劇場

小山内薫、土方与志らが1924(大正13)年に、現在の東京都中央区築地に開いた日本初の新劇の常設劇場(約500席)。千田是也山本安英、滝沢修、杉村春子ら、戦後の演劇界を支えた人々が巣立った。小山内急死をきっかけに、劇場は29年に分裂。建物は45年に空襲で焼失した。

(2007-01-18 朝日新聞 朝刊 朝刊文化)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つきじ‐しょうげきじょう〔つきヂセウゲキヂヤウ〕【築地小劇場】

大正13年(1924)土方与志(ひじかたよし)小山内薫らが東京築地に創設した、日本最初の新劇専門劇場およびその劇団。翻訳劇・創作劇を実験的に上演した。劇団は昭和5年(1930)解散。劇場は昭和20年(1945)戦災で焼失。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

築地小劇場【つきじしょうげきじょう】

東京築地にあった新劇の劇場および劇団名。1924年土方(ひじかた)与志が私財を投じ,小山内(おさない)薫らとともに設立。劇場定員は400人余。〈演劇の実験室・新劇の常設館・民衆の芝居小屋〉を合言葉に,5年間に100余編の内外戯曲を連続上演,新劇史上画期的な成果を収めた。
→関連項目青山杉作伊藤熹朔円地文子火山灰地久保栄杉村春子千田是也滝沢修友田恭助東山千栄子舞台装置丸山定夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つきじしょうげきじょう【築地小劇場】

(1)劇場名。1924年(大正13)6月,東京市京橋区(現,中央区)築地2丁目に新築開場した日本で最初の新劇の専門劇場。関東大震災ヨーロッパから帰国した土方(ひじかた)与志が私財を投じ,客席400余のゴシックロマネスク様式1階建ての小劇場を建設した。上部がドーム状に湾曲したクッペルホリゾントを完備し,多形式の演劇に対応できる可動舞台をもち,フットライトを廃しスポットライト,サスペンションライトを多く用い,プロンプターボックスを設けるなど,ヨーロッパの小劇場の先進的な舞台設備を採用して舞台工学の前進に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つきじしょうげきじょう【築地小劇場】

小山内薫・土方与志を中心に1924年(大正13)結成された新劇団の名。また、同劇団が東京築地に設立した、日本最初の新劇専門の劇場。開場以来数々の名作戯曲を上演、日本の新劇運動に大きな影響を与えた。劇団は30年(昭和5)解散、劇場は45年戦災により焼失。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

築地小劇場
つきじしょうげきじょう

劇場および劇団名。1924年(大正13)6月に設立。ゴシック・ロマネスク様式を採用した定員468の急造バラックの小劇場は、現在の東京都中央区築地二丁目の東日本電信電話(株)のある所にあった。クッペル・ホリゾントをもつ舞台設備は、当時としては近代リアリズム戯曲を上演するのに最適の空間で、建築資金は伯爵土方与志(ひじかたよし)が提供した。新劇史上初の新劇常設劇場で、小劇場形式をとったのは、各国の近代演劇運動がすべてそうだったことによるが、当時盛んだった大劇場主義か小劇場主義かという議論に、一つの答えを示したものともいえる。おりから新劇は凋落(ちょうらく)期で、築地小劇場の創立は、ふたたび知識人を新劇に吸収する役目をしたが、一方では、同人として参加した土方の師小山内薫(おさないかおる)が当面翻訳劇しか上演しないといったことから、『演劇新潮』という雑誌に拠(よ)っていた多くの文学者が反築地の姿勢をとり、両者の反目は劇団解散時まで続いた。
 創立時の同人は小山内、土方のほかに、俳優の友田恭助(きょうすけ)、汐見(しおみ)洋、効果・照明担当の和田精、経営の浅利鶴雄の6人で、演技部に東屋(あずまや)三郎、青山杉作、研究生として千田是也(これや)、丸山定夫、田村秋子、山本安英(やすえ)らがいた。青山はやがて演出をも受け持つが、演出という概念やその仕事が確立したのは築地小劇場によってであり、照明や効果といった舞台の部門が独立したのも築地小劇場からである。つまり新劇としてのシステムを系統だてたといってよく、築地出身の俳優や演出家が長く新劇を支えてきたということとあわせて、今日の新劇の母胎になった。ただし、第1回公演にマゾーの『休みの日』やチェーホフの『白鳥の歌』とともに表現派戯曲のゲーリングの『海戦』が上演されたというごとく、「演劇の実験室」とのうたい文句を配慮しても、レパートリーに一貫性を欠いたことは否定しがたく、また「民衆のための演劇」というモットーにもかかわらず、一部知識人や学生に劇場が占有された。1928年(昭和3)12月の小山内の急死を経て、翌年3月には思想的な混乱もあり土方らの新築地劇団と、残留の青山らによる劇団築地小劇場に分裂するまで、翻訳劇90、創作劇27編が上演された。なお劇場自体は、昭和初期に左翼演劇の拠点になったが、戦争体制の深化した40年11月に国民新劇場と改称、45年3月の空襲によって焼失した。[大笹吉雄]
『水品春樹著『新劇去来』(1973・ダヴィッド社) ▽菅井幸雄著『築地小劇場』(1974・未来社) ▽大笹吉雄著『日本演劇史 大正・昭和初期篇』(1986・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の築地小劇場の言及

【小山内薫】より

…20年松竹キネマに入社,みずから主演した《路上の霊魂》を演出,芸術映画といわれるフィルムを作った。23年の関東大震災のあと,ドイツから帰ってきた演出家土方与志(ひじかたよし)とともに,廃虚と化していた東京築地に,〈演劇の実験室〉として〈築地小劇場〉を開場,もう一人の演出家青山杉作と3人が交代して,24年6月の《海戦》《休みの日》の第1回公演以降,俳優を育て,多くの西欧戯曲を紹介した。はじめ現代の日本戯曲に意欲がわかないので翻訳劇に専念すると宣言,当時の劇作家から激しく反発されたが,やがて《役の行者》を皮切りに創作劇も舞台にのせ,自作《国性爺合戦(こくせんやかつせん)》も上演している。…

【劇場】より

…コメディ・フランセーズの建築様式を模した近代的な劇場である。日本における新劇の専門劇場は,関東大震災の翌24年に小山内薫・土方与志らによって創立された築地小劇場が最初である。舞台間口6間,高さ3間で,定員508席の小劇場であるが,クッペルホリゾントやプロンプター・ボックスを備え,わが国の新劇運動の歴史に大きな役割を果たした。…

【劇団】より

…非商業的な近代劇運動の担い手である欧米劇団の影響を受けて,日本で近代劇運動を展開する新劇団の最初は,1909年に発足する後期〈文芸協会〉と〈自由劇場〉の活動である。しかし拠点劇場を持ち,名実ともに新劇活動を展開する劇団は,24年(大正13)に土方与志によって建設され,彼自身も演出家として活動した〈築地小劇場〉である。また築地小劇場によって,現在にいたる新劇団組織の基礎もつくられた。…

【新劇】より

…その意味では1914年に始められた阪急電鉄の小林一三らによる宝塚少女歌劇も,21年ごろに全盛となった浅草オペラも,大正期の新劇的意欲の商業化ないしは普及化の表れといえよう。
[二つのリアリズム劇の成立]
 関東大震災が社会相を一変させた後の,1924年6月,築地小劇場が開場する。そして新劇はこのあたりからいわば第2の段階に入るのである。…

【翻訳劇】より

…すなわち,福地桜痴作《舞扇恨之刃(まいおうぎうらみのやいば)》(V.サルドゥー原作《トスカ》,1891年歌舞伎上演)や尾崎紅葉作《夏小袖》(モリエール原作《守銭奴》,1897年新派上演)のように日本化されて歌舞伎や新派の脚光を浴びる翻案上演が進む一方で,森鷗外訳のG.E.レッシング戯曲(1892)や高安月郊訳のH.イプセン劇(1893)など,さまざまな西欧近代戯曲の翻訳も始まった。 原作に忠実な文学的翻訳戯曲の上演は明治40年代(1908‐12)に入ってからであり,文芸協会,自由劇場の新劇運動ではイプセン劇などの翻訳劇上演が主体となり,1924年の築地小劇場創立により名実ともに翻訳劇時代を確立するにいたった。つまり西欧近代の自然主義的写実劇の影響を強く受け,赤毛のかつらをつけた扮装,つけ鼻や顔の凹凸を強調する化粧,物言いや動作にいたるまで外国人らしさをまねる演技術を生み出し,日本独自の翻訳劇上演様式を創りだしたのである。…

※「築地小劇場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

築地小劇場の関連情報