小学英語(読み)しょうがくえいご

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小学英語
しょうがくえいご

小学校における英語教育のこと。具体的には、2011年度(平成23)から小学第5、第6学年で週1回(年間35単位時間)行っている「外国語活動」をさす。ただしこれは正式な教科ではなく、成績評価を行う対象にもなっていない。そこで政府の教育再生実行会議(座長、鎌田薫(かまたかおる)(1948― )早稲田大学総長)は、世界で活躍できる人材を育成するために、小学英語の正式教科への格上げ、さらには授業時間数の増加や、英語専門教員の配置、学習を開始する学年を第4学年以下へ引き下げるといった強化案をまとめ、2013年5月に安倍晋三(あべしんぞう)首相へ提出した。しかし正式教科とする場合には、教科書検定や成績評価の基準づくりが必要なうえ、英語を教える教師の確保も課題となる。また、小学生のうちから正式教科として成績評価を行ってしまうと、英語嫌いを増やし逆効果になる、といった反対の声も根強い。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小学英語の関連情報