コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小学館[株](読み)しょうがくかん

百科事典マイペディアの解説

小学館[株]【しょうがくかん】

1922年相賀(おうが)祥宏〔1897-1938〕が創立した出版社講談社に次ぐ大手総合出版社。小学生向けの学年別学習雑誌の発行に始まり,その後幼児・教師向け雑誌のほか各種の月刊誌や週刊誌を発行し,現在その数は50点以上に達している。なかでもコミック誌は集英社,講談社と並ぶ売上げを誇る。さらに,一般図書,図鑑・辞典類,百科事典などの出版に加え,ドラえもん,ポケモンなどキャラクター部門も大きなシェアを持つ。2011年資本金1億4700万円,2011年2月期売上高1111億円。
→関連項目集英社[株]出版デジタル機構

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうがくかん【小学館[株]】

相賀(おうが)祥宏(1897‐1938)が1922年に創業した出版社。本社は東京一ツ橋。1922年から25年にかけて子どもの成長過程に見合った学年別学習雑誌6誌(《セウガク一年生》から《小学六年生》まで)を,続いて27年には学年別教育雑誌6誌(《小学一年生教育》から《小学六年生教育》まで)を創刊初等・中等教育の普及とあいまって大当りとなり社の基礎が固まった。第2次大戦中,一時国策色の強い雑誌を発行したが,戦後は保育・絵本雑誌,少年・少女雑誌など男女別,年齢別にさまざまな雑誌を創刊してきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の小学館[株]の言及

【雑誌】より

…創業者石川武美は〈一人一業〉を唱え主婦層だけを事業の対象としたかわりに,実用講座などの書籍出版や家庭用商品などを販売する〈代理部〉の創設によって,経営を戦略的に展開した。《小学六年生》(1922)によって家庭の学習熱をとらえた相賀武夫は,〈セウガク一ネンセイ〉にいたる学年別雑誌を次々に育てあげ,小学館の基礎をきずいた。こうした児童雑誌や婦人雑誌の競争では,とくに目をひく付録を数多く添えることが重視され,それが戦前日本の大衆雑誌の一特徴となっていた。…

※「小学館[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android