コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小学館[株] しょうがくかん

2件 の用語解説(小学館[株]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

小学館[株]【しょうがくかん】

1922年相賀(おうが)祥宏〔1897-1938〕が創立した出版社。講談社に次ぐ大手総合出版社。小学生向けの学年別学習雑誌の発行に始まり,その後幼児・教師向け雑誌のほか各種の月刊誌や週刊誌を発行し,現在その数は50点以上に達している。
→関連項目集英社[株]出版デジタル機構

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうがくかん【小学館[株]】

相賀(おうが)祥宏(1897‐1938)が1922年に創業した出版社。本社は東京一ツ橋。1922年から25年にかけて子どもの成長過程に見合った学年別学習雑誌6誌(《セウガク一年生》から《小学六年生》まで)を,続いて27年には学年別教育雑誌6誌(《小学一年生教育》から《小学六年生教育》まで)を創刊,初等・中等教育の普及とあいまって大当りとなり社の基礎が固まった。第2次大戦中,一時国策色の強い雑誌を発行したが,戦後は保育・絵本雑誌,少年・少女雑誌など男女別,年齢別にさまざまな雑誌を創刊してきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の小学館[株]の言及

【雑誌】より

…創業者石川武美は〈一人一業〉を唱え主婦層だけを事業の対象としたかわりに,実用講座などの書籍出版や家庭用商品などを販売する〈代理部〉の創設によって,経営を戦略的に展開した。《小学六年生》(1922)によって家庭の学習熱をとらえた相賀武夫は,〈セウガク一ネンセイ〉にいたる学年別雑誌を次々に育てあげ,小学館の基礎をきずいた。こうした児童雑誌や婦人雑誌の競争では,とくに目をひく付録を数多く添えることが重視され,それが戦前日本の大衆雑誌の一特徴となっていた。…

※「小学館[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小学館[株]の関連キーワード枉駕横臥王学蘇芳襲凹型相賀武夫地黄粥応用土壌学相賀安太郎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone