コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川尚義 おがわ なおよし

2件 の用語解説(小川尚義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川尚義 おがわ-なおよし

1869-1947 明治-昭和時代の言語学者。
明治2年2月9日生まれ。台湾総督府学務部につとめ,昭和5年台北帝大教授となる。台湾語や高砂族の言語を研究。「原語による台湾高砂族伝説集」(共著)で11年学士院恩賜賞。昭和22年11月20日死去。79歳。伊予(愛媛県)出身。帝国大学卒。著作はほかに「日台大辞典」「台日大辞典」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おがわなおよし【小川尚義】

1869‐1947(明治2‐昭和22)
言語学者。愛媛県松山市に生まれ,1896年,東京帝国大学博言学科卒業と同時に台湾総督府学務部嘱託となり,主として閩南(みんなん)語(福建語)の研究を行ったが,同時にアウストロネシア系原住民,高砂(たかさご)族(高山(こうざん)族)の諸言語(高山族諸語)についても多くの業績を残した。1930年台北帝国大学設立なるや文政学部教授となり,36年定年退職浅井恵倫(えりん)との共著による《原語による台湾高砂族伝説集》(1935)はこの分野における金字塔と言うべく,現在に至るもこの本を凌駕する研究は現れていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小川尚義の関連キーワード上司小剣公式令田川大吉郎北海道新幹線市制議院法猪木久馬三岩田きぬ神田重雄木下謙次郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone