コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川尚義 おがわ なおよし

2件 の用語解説(小川尚義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川尚義 おがわ-なおよし

1869-1947 明治-昭和時代の言語学者。
明治2年2月9日生まれ。台湾総督府学務部につとめ,昭和5年台北帝大教授となる。台湾語や高砂族の言語を研究。「原語による台湾高砂族伝説集」(共著)で11年学士院恩賜賞。昭和22年11月20日死去。79歳。伊予(愛媛県)出身。帝国大学卒。著作はほかに「日台大辞典」「台日大辞典」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おがわなおよし【小川尚義】

1869‐1947(明治2‐昭和22)
言語学者。愛媛県松山市に生まれ,1896年,東京帝国大学博言学科卒業と同時に台湾総督府学務部嘱託となり,主として閩南(みんなん)語(福建語)の研究を行ったが,同時にアウストロネシア系原住民,高砂(たかさご)族(高山(こうざん)族)の諸言語(高山族諸語)についても多くの業績を残した。1930年台北帝国大学設立なるや文政学部教授となり,36年定年退職浅井恵倫(えりん)との共著による《原語による台湾高砂族伝説集》(1935)はこの分野における金字塔と言うべく,現在に至るもこの本を凌駕する研究は現れていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

小川尚義の関連キーワード藩学一覧女性参政権イギリス映画東京大学2025年問題日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A学校教育法北朝鮮二・一スト

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone