コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小経 ショウキョウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐きょう〔セウキヤウ〕【小経】

阿弥陀経のこと。無量寿経大経というのに対する称。→大経

しょう‐けい〔セウ‐〕【小経】

経書分量により大・中・小に分けたとき、分量の少ないもの。「易経」「書経」「春秋公羊伝」「春秋穀梁伝」をさす。→大経中経
奈良・平安時代の学制で、周易尚書のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうきょう【小経】

〔「しょうぎょう」とも〕
「阿弥陀経」のこと。「無量寿経」を大経と称するのに対していう。

しょうけい【小経】

巻数の少ない経書。易経・尚書・春秋公羊伝・春秋穀梁伝をいう。 → 大経たいけい中経ちゆうけい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

小経の関連キーワード太平洋諸島フォーラム進歩党(ドイツ)黒谷上人語燈録プチブルジョア人口減少社会農民層分解綿織物工業分割地農民分地制限令札幌(市)農産物価格浄土三部経浄土教美術平安時代技術革新土地所有ほんみち家族労働村落社会経営規模

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小経の関連情報