大経(読み)ダイキョウ

デジタル大辞泉の解説

だい‐きょう〔‐キヤウ〕【大経】

宗派で重要とされる経典天台宗では涅槃(ねはん)経浄土教では無量寿経をさす。

たい‐けい【大経】

大きなすじみち。不変の法則。大道。
経書を、その分量により大・中・小に分けたとき、分量の多いもの。「礼記」「春秋左氏伝」をさす。→小経中経

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいきょう【大経】

〘仏〙
浄土宗・真宗で、「無量寿経」のこと。「阿弥陀経」を小経というのに対していう。
天台宗で、「涅槃ねはん経」のこと。

たいけい【大経】

大きなすじみち。不変の条理。大道。
巻数の多い経書。礼記・春秋左氏伝をいう。 → 中経小経

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大経の関連情報