コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大経 ダイキョウ

4件 の用語解説(大経の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だい‐きょう〔‐キヤウ〕【大経】

宗派で重要とされる経典。天台宗では涅槃(ねはん)経浄土教では無量寿経をさす。

たい‐けい【大経】

大きなすじみち。不変の法則。大道。
経書を、その分量により大・中・小に分けたとき、分量の多いもの。「礼記」「春秋左氏伝」をさす。→小経中経

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいきょう【大経】

〘仏〙
浄土宗・真宗で、「無量寿経」のこと。「阿弥陀経」を小経というのに対していう。
天台宗で、「涅槃ねはん経」のこと。

たいけい【大経】

大きなすじみち。不変の条理。大道。
巻数の多い経書。礼記・春秋左氏伝をいう。 → 中経小経

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大経の関連情報