コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小茂田青樹 おもだ せいじゅ

美術人名辞典の解説

小茂田青樹

日本画家。埼玉県生。名は茂吉。少年時代に東京へ出て松本楓湖の安雅堂画塾に入る。のち今村紫紅を中心とする赤曜会の結成に参加、同会解散後も目黒派として院展で活躍。山水・花鳥画を能くし、幻想的・装飾的な独自の世界を築きあげた。代表作に「虫魚図巻」等がある。院展同人。昭和8年(1933)歿、43才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小茂田青樹 おもだ-せいじゅ

1891-1933 大正-昭和時代前期の日本画家。
明治24年10月30日生まれ。安雅堂画塾で松本楓湖(ふうこ)にまなぶ。大正3年今村紫紅らと赤曜会を結成。4年院展に「小泉夜雨」が初入選。10年日本美術院同人。昭和4年杉立(さんりつ)社を組織した。昭和8年8月28日死去。43歳。埼玉県出身。旧姓は小島。本名は茂吉。通称は茂。作品はほかに「虫魚画巻」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小茂田青樹
おもだせいじゅ

[生]1891.10.30. 埼玉,川越
[没]1933.8.28. 東京
日本画家。旧姓小島茂吉,のち小茂田家を継いで茂と通称。 1908年松本楓湖の門に入り巽画会,院展などに出品。また 14年今村紫紅を中心に結成された急進的な赤曜会に参加。 15年から再興院展に出品,21年第8回院展の『出雲江角港』が認められて同人に推された。克明な自然描写のうちに繊細な情感の漂う力作を発表。 29年杉立社を組織して多くの門人を育てた。主要作品『虫魚画巻』 (1931,東京国立近代美術館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

小茂田青樹の関連キーワード黒田 古郷田中 青坪牧野 吉晴清原 斉黒田古郷牛田雞村富取風堂黒崎義介田中青坪

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小茂田青樹の関連情報