コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小茂田青樹 おもだ せいじゅ

3件 の用語解説(小茂田青樹の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小茂田青樹

日本画家。埼玉県生。名は茂吉。少年時代に東京へ出て松本楓湖の安雅堂画塾に入る。のち今村紫紅を中心とする赤曜会の結成に参加、同会解散後も目黒派として院展で活躍。山水・花鳥画を能くし、幻想的・装飾的な独自の世界を築きあげた。代表作に「虫魚図巻」等がある。院展同人。昭和8年(1933)歿、43才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小茂田青樹 おもだ-せいじゅ

1891-1933 大正-昭和時代前期の日本画家。
明治24年10月30日生まれ。安雅堂画塾で松本楓湖(ふうこ)にまなぶ。大正3年今村紫紅らと赤曜会を結成。4年院展に「小泉夜雨」が初入選。10年日本美術院同人。昭和4年杉立(さんりつ)社を組織した。昭和8年8月28日死去。43歳。埼玉県出身。旧姓は小島。本名は茂吉。通称は茂。作品はほかに「虫魚画巻」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小茂田青樹
おもだせいじゅ

[生]1891.10.30. 埼玉,川越
[没]1933.8.28. 東京
日本画家。旧姓小島茂吉,のち小茂田家を継いで茂と通称。 1908年松本楓湖の門に入り巽画会,院展などに出品。また 14年今村紫紅を中心に結成された急進的な赤曜会に参加。 15年から再興院展に出品,21年第8回院展の『出雲江角港』が認められて同人に推された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小茂田青樹の関連キーワード池田茂泉伍朗大石源治熊谷巌関盛治根岸耕一能村磐夫広津政二三浦耀渡辺七郎

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小茂田青樹の関連情報