コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児童期 じどうき childhood

翻訳|childhood

5件 の用語解説(児童期の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

児童期
じどうき
childhood

生後6年から 12年までの小学校時代をいう。全般的には病気に対する抵抗力が増し,特に児童期の後期には,相当に激しい運動をしても疲れないほどになる。最終期には,発育が加速して青年期に入るが,その開始にあたっては個人差が大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じどう‐き【児童期】

幼児期の後で、6、7歳から12、3歳ごろまでの期間。知的能力が飛躍的に発達し、自律的な自我意識をもつ人格が形成されるようになる。学童期。→青年期

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じどうき【児童期】

一般に小学校入学のころから青年期の開始までの時期をさす。しかし子どもの精神発達において7歳ごろまでを幼児期とみることがあり,また青年期の開始期(青年前期思春期)が発達加速現象などによって早まる傾向もあるので,必ずしも日本の小学校の対象年齢(6~12歳)と一致するわけではない。 この時期は9,10歳ごろを境に大きく二つに分けて考えることができる。すなわち前半においては,具体物を目前にしながらの,あるいは具体的経験をもとにした推理や思考の能力が発達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じどうき【児童期】

幼年期と青年期の間にあたる六、七歳から一二、三歳までの時期。後期には抽象的思考が可能となるなど知的発達が著しく、集団的行動をすることにより社会性も増大する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

児童期
じどうき
childhood

一般に、小学校に入学する時期から、性的成熟が始まる思春期までの時期を、児童期とよんでいる。幼児期と青年期との間の時期で、年齢的には6、7歳から、11、12歳の間に対応する。その時期は、わが国の教育制度のもとでは、小学校期にあたるため、この期は、また、学童期とよばれることがある。この時期は、現代の近代化された社会においては、(1)学校で、将来の社会人に備えての組織的・基礎的教育・訓育が行われ、子供の主要な活動は(幼児期の遊びから)学習活動となる、(2)活動の場が、家庭から学校や近隣集団に移り、仲間集団のなかでの活動(学校生活、遊び)が、社会・道徳意識、人格形成のうえで重要な役割を果たし、そのなかで自律性の発達が進む、(3)学校での学習活動と結び付いて、知的能力は飛躍的に発達し、随意的諸機能、内的な観念による判断能力が形成される、などで特色づけられる。[天野 清]

身体的発育

身体的に比較的安定した成長が行われる時期で、身長、体重も漸次増大し、思春期での急激な成長を準備する。乳歯と永久歯の交替もこの期に行われる。脊柱(せきちゅう)(頸椎(けいつい)、胸椎、腰椎)のすべての屈曲が形成されるが、骨格の骨組織の発達が完了しないため、子供の身体は、この期に固有な柔軟性と可動性を保持している。このことは各種の運動技能の習得に有利な条件となるが、他方、机、椅子(いす)などを身長にあわせ、つねに正しい姿勢を保ち活動をさせることや、適切な身体教育は、側彎(そくわん)症や脊柱異常などの障害を引き起こさないために必要である。大脳では、この期はとくに前頭葉の発達が顕著で、機能的には自己の行動のコントロールや抑制に必要な制止過程の発達が著しい。[天野 清]

知的発達

学校での組織的な教育のもとで、子供は、この期に、さまざまな基礎的諸能力や諸技能(読み・書き能力、計算能力など)、自然、社会についての科学的諸知識を習得するだけでなく、学習活動のなかで、観察力、思考力、注意力、記憶力などの認知諸機能が飛躍的に発達する。この期の知的発達の大きな特徴は、心理諸過程に随意性(意志性、意識性)が発生し、随意的な知覚(観察)、随意的注意、随意的記憶、随意的思考が発達することである。また、内言(ないげん)の発達と結び付いて、課題を(頭のなかで)内的に解決したり、課題解決の計画を、あらかじめ内的にたてたり、自分の行為を随意的に統制・調整する能力が発達することでも特徴づけられる。この期は、また、論理的思考操作、空間表象の発達も著しく進展する。しかし、形式的な論理・命題操作の発達は、今日の教育条件のもとでは、11、12歳以降になって行われるので、J・ピアジェは、この期の子供の思考を、具体的操作期の思考と名づけている。[天野 清]

人格の形成と社会的発達

この期の子供の人格発達の主要な方向と特徴は、親・教師の権威に依存した他律的な、自他の未分化な存在から、自分の内的な価値観、基準に基づいた自律的な、自我意識をもつ存在へと発達することである。その際、その発達にとって決定的な役割を果たすのは、学級、班、友だちなど仲間集団による集団的活動である。6~8歳のころには、まだ友人の数も少なく、学校内での生活・活動は教師・大人の権威に依存しているが、9、10歳ごろから、自発的な結束力の強い仲間集団をつくり、自分たちでルールを決め、自発的な活動を行う。また、学級活動や班活動でも、自分の所属集団を意識し、集団の一員であることを自覚し、集団で決めた決まりに従って行動する。この段階では大人の権威によらないという意味で自律的だが、集団の権威によっているという意味で、まだ他律的である。しかし、11、12歳のころになると、友人、仲間関係も、互いの心のつながり、考え方、価値観などの内面生活での結合、共感を基礎にしたものを求めるようになり、そのなかで、自律的な自我意識、価値意識の発達が進行する。[天野 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

児童期の関連キーワード児童心理学青年学校青年心理学思春期乳幼児未就学進学校地格ファーストエージ入学準備小学一年生

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

児童期の関連情報