コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尹世重 いんせじゅう

3件 の用語解説(尹世重の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尹世重
いんせじゅう

「ユン・セジュン (尹世重)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いんせいじゅう【尹世重 Yun Se‐jung】

1912‐65
朝鮮の作家。咸鏡北道の出身。1933年中国の東北中学を卒業。解放前労働生活の中で創作をはじめる。朝鮮戦争に従軍し,人民軍兵士の同志的つながりをテーマとする短編《旧隊員と新隊員》,中編《トソン小隊長と戦友たち》を書いた。長期間にわたる黄海製鉄所現地取材の末,不死鳥のごとく戦後復興建設をなしとげた労働者階級の活躍を新旧の人間葛藤のうちに描いた長編《試練の中で》(1957),《溶鉱炉は息づく》のほか,抗日革命闘士を描いた《妻》(1966)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尹世重
いんせじゅう / ユンセジュン
(1912―1965)

北朝鮮の作家。1945年の解放後から本格的創作活動を始めた。代表作の長編『試練のなかで』(1957)は、朝鮮戦争後重工業の運命を左右する製鉄所労働者が増産のために感動的な闘いを推し進める姿を描いている。短編では、頭は切れるが小心な新兵と百戦錬磨の古参兵との同志愛を描いた『新隊員と旧隊員』(1952)、少年少女向け中編に『赤い信号弾』(1963)などがある。[大村益夫]
『大村益夫訳『赤い信号弾』(1967・新日本出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone