尾長猿(読み)オナガザル

大辞林 第三版の解説

おながざる【尾長猿】

霊長目オナガザル科のサルの総称。尾が細長く、前後の肢あしの長さがほぼ等しい。森林で樹上生活をする。人によく慣れる。アジア・アフリカに広く分布。旧世界猿。
オナガザル科のうち、熱帯アフリカの森林にすむグエノンをさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

尾長猿 (オナガザル)

動物。オナガザル科に属する動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android