コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手長猿 テナガザル

大辞林 第三版の解説

てながざる【手長猿】

霊長目テナガザル科の哺乳類の総称。類人猿に属する進化の進んだサルである。顔面は無毛で黒い。体は細く、前肢が非常に長い。尾はなく、尻だこがある。頭胴長50センチメートル 内外で、体は灰色ないし灰褐色・黒色など。樹上にすみ、昆虫や果実を食べる。シロテテナガザル・フクロテナガザルなど。東南アジアの森林に分布。ギボン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

手長猿 (テナガザル)

動物。ショウジョウ科テナガザル亜科のサルの総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

手長猿の関連キーワード猿猴杉猿猴草猿猴楓灰褐色動物猿猴

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android