コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾鷲湾 おわせわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾鷲湾
おわせわん

三重県南部,熊野灘にのぞむリアス湾入の1つ。紀伊山地の谷が沈水した溺れ谷で,水深が深い。湾奥尾鷲市の中心市街地があり,カツオ,マグロの遠洋漁業の基地,木材の集散地として知られる。尾鷲港は 1956年遠洋漁港に,66年関税法による開港に,67年港湾法による重要港湾に指定。 64年,湾奥の埋立て地火力発電所製油所が立地した。湾内ではブリ定置網,ハマチ養殖が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おわせ‐わん〔をわせ‐〕【尾鷲湾】

三重県南部、尾鷲(おわせ)市と北牟婁(むろ)郡紀北(きほく)町に囲まれたリアス式の湾。紀伊山地の沈水によって生じた溺れ谷。水深があり真珠・ハマチの養殖が盛ん。また、湾奥に位置する尾鷲港は天然の良港として発展、遠洋漁業の基地として指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕尾鷲湾(おわせわん)


三重県南部、熊野灘(くまのなだ)に面した湾。北の沢(さわ)崎と南の九木(くき)崎に抱かれたリアス式の湾入で、湾奥部に3つの支湾がある。南西部の尾鷲港は重要港湾で、火力発電所や石油精製工場が立地。北部の引本(ひきもと)港は遠洋漁業、東部の須賀利(すがり)港は沿岸・沖合漁業の基地。引本港の背後の白石(しらいし)湖は潟湖(せきこ)で、カキの養殖が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾鷲湾
おわせわん

三重県南部、熊野灘(なだ)に臨むリアス湾の一つ。尾鷲市に属する。紀伊山地の沈水によって生じた溺(おぼ)れ谷で、水深は入口で53メートル、湾央で33メートルと深く、懐(ふところ)も広いので港湾としても水産養殖場としても優れた条件を備える。1956年(昭和31)尾鷲港は遠洋漁業基地に指定された。1964年湾の奥を埋め立てて中部電力尾鷲三田火力発電所と東邦石油が建設されたのに伴い、1966年関税法による開港場に、1967年重要港湾に指定された。10万トン級の石油タンカーが停泊できる。[伊藤達雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

尾鷲湾の関連キーワード尾鷲[市]尾鷲(市)佐波留島矢ノ川峠沖合漁業引本港潟湖

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾鷲湾の関連情報