溺れ谷(読み)おぼれだに(英語表記)drowned valley

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溺れ谷
おぼれだに
drowned valley

陸上の谷が地盤の沈降運動や海面上昇によって海面下に沈み,海水が浸入してできた地形。深く刻まれた谷が海底に沈んだ場合,溺れ谷の延長にあたる海底にもとの谷が海谷となって残ることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おぼれ‐だに【溺れ谷】

陸上で谷であった所が、陸地の沈降や海面の上昇によって海水が浸入し、入り江となったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おぼれだに【溺れ谷 drowned valley】

陸上の地形がもとの起伏を保ったまま,水面下に沈むことを溺れるとか沈水するとかいう。陸上の谷地形が陸地の沈降や海面あるいは湖面の上昇により沈水すると,もとの尾根は岬や島となり,もとの谷に沿った部分は海や湖が浸入して入江となる。こうしてできた入江を溺れ谷という。陸上にあったときの谷の成因によって,河食谷が溺れた場合をリアス海岸氷食谷が溺れた場合をフィヨルドという。約1万5000年前から約5000年前にかけての後氷期には,約100mにもおよぶ海面上昇のために世界の多くの海岸では河谷や氷食谷の下流部が溺れ谷となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おぼれだに【溺れ谷】

陸上の谷が、陸地の沈降や海水面の上昇により沈水してできた湾。リアス式海岸の湾入部やフィヨルドなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

溺れ谷
おぼれだに
drowned valley

もとは陸上にあって谷をなしていた部分の土地が、地盤の沈降または海水面の上昇などの原因によって海面下に没し、湾となった地形。沈水海岸線の代表例としてあげられるリアス式海岸にみられる。沈水以前の谷は入り江となり、尾根は岬となって残る。深く刻まれた谷が大きく沈水した場合には、溺れ谷の延長部にあたる浅海底にも古い河谷地形が認められ、陸棚谷(りくほうこく)とよばれる。
 一般に海岸付近の斜面は急で、山地が直接海に迫っている。岬の部分では波が収斂(しゅうれん)し、入り江の部分で発散するので、波の強さに場所的差違を生じ、岬は侵食を受けて後退し、入り江では堆積(たいせき)傾向が卓越し、構成岩石が軟らかい新世代の地層からなる海岸では、しだいに海岸線の出入りは少なく平滑となる。山茂美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android