コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尿道損傷 にょうどうそんしょう Urethral Injury

2件 の用語解説(尿道損傷の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

にょうどうそんしょう【尿道損傷 Urethral Injury】

[どんな病気か]
 骨盤骨折(こつばんこっせつ)にともなっておこる後部尿道(体内)損傷と、転落などして、かたいものをまたぐようにして股間(こかん)(会陰部(えいんぶ))を強打した際の前部尿道損傷に分けられます。
 尿道の解剖学的位置、長さなどから、男性に多くみられる損傷です。
[症状]
 尿道からの出血、排尿困難がおもな症状です。骨盤骨折にともなって尿道が断裂(完全断裂)してしまうと、尿がまったく出ない尿閉(にょうへい)という状態になります。
 また、会陰部の打撲(だぼく)による尿道損傷では、会陰部から陰嚢(いんのう)にかけての広い範囲にわたって皮下血腫(ひかけっしゅ)(皮膚の下にできた内出血による血のかたまり)がみられます。
[検査と診断]
 単純X線撮影で骨盤骨折の有無を確認してから、尿道に造影剤を注入してX線撮影し、損傷部位と程度を確かめます。
[治療]
 軽い損傷なら、安静と抗生物質の服用だけでようすをみることもありますが、多くの場合、尿道にカテーテルを2~3週間入れたまま導尿して、尿道を保護します。
 損傷の程度がひどい場合は、カテーテルが挿入できないので、当初は体外に尿を導くため膀胱瘻(ぼうこうろう)をつくり、時期を待って尿道の再建手術が行なわれます。また、治癒(ちゆ)した尿道の傷が盛り上がったりして尿道狭窄(にょうどうきょうさく)がおこりやすく、その場合は尿道拡張が必要になります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尿道損傷
にょうどうそんしょう

尿道を後部と前部に分けると、後部尿道の損傷は、骨盤骨折や高所からの落下で会陰(えいん)部を強打したときに発生する。むろん男性がほとんどである。尿道膜様部と前立腺(せん)部との接合部で破れるか断裂する場合がもっとも多い。受傷直後に尿道口から血液の排出をみたら、尿道損傷を考え、絶対に排尿を試みさせたりしてはならない。カテーテルを挿入する前に、まず尿道に造影剤を注入してX線撮影を行い、損傷の部位と程度を確認する。尿道が完全に断裂したときは、造影剤は膀胱(ぼうこう)内へは到達しない。骨盤腔(くう)内に多量の出血がおこり、排尿はできない状態なので、ただちに手術を要する。部分断裂の場合には、細いカテーテルが膀胱内に無理なく挿入できれば、それを留置しておけば治癒する。
 前部尿道の損傷も、後部尿道の場合と同じ機序でおこるが、カテーテルや膀胱鏡などの挿入時にもおこりうるので、これらの操作には十分な注意を要する。
 尿道損傷の治癒後は、多かれ少なかれ尿道狭窄(きょうさく)を合併するので、細い棒状の尿道ブジー(消息子)を挿入して拡張するが、尿道再建術が必要となる場合もある。[松下一男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尿道損傷の関連キーワード骨盤位児頭骨盤不均衡骨盤骨箱何心地不死身躯幹骨骨盤臓器脱児頭骨盤不適合骨盤骨折 (pelvic fracture)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone