コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尿道損傷 にょうどうそんしょうUrethral Injury

家庭医学館の解説

にょうどうそんしょう【尿道損傷 Urethral Injury】

[どんな病気か]
 骨盤骨折(こつばんこっせつ)にともなっておこる後部尿道(体内)損傷と、転落などして、かたいものをまたぐようにして股間(こかん)(会陰部(えいんぶ))を強打した際の前部尿道損傷に分けられます。
 尿道の解剖学的位置、長さなどから、男性に多くみられる損傷です。
[症状]
 尿道からの出血、排尿困難がおもな症状です。骨盤骨折にともなって尿道が断裂(完全断裂)してしまうと、尿がまったく出ない尿閉(にょうへい)という状態になります。
 また、会陰部の打撲(だぼく)による尿道損傷では、会陰部から陰嚢(いんのう)にかけての広い範囲にわたって皮下血腫(ひかけっしゅ)(皮膚の下にできた内出血による血のかたまり)がみられます。
[検査と診断]
 単純X線撮影で骨盤骨折の有無を確認してから、尿道に造影剤を注入してX線撮影し、損傷部位と程度を確かめます。
[治療]
 軽い損傷なら、安静と抗生物質の服用だけでようすをみることもありますが、多くの場合、尿道にカテーテルを2~3週間入れたまま導尿して、尿道を保護します。
 損傷の程度がひどい場合は、カテーテルが挿入できないので、当初は体外に尿を導くため膀胱瘻(ぼうこうろう)をつくり、時期を待って尿道の再建手術が行なわれます。また、治癒(ちゆ)した尿道の傷が盛り上がったりして尿道狭窄(にょうどうきょうさく)がおこりやすく、その場合は尿道拡張が必要になります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尿道損傷
にょうどうそんしょう

尿道を後部と前部に分けると、後部尿道の損傷は、骨盤骨折や高所からの落下で会陰(えいん)部を強打したときに発生する。むろん男性がほとんどである。尿道膜様部と前立腺(せん)部との接合部で破れるか断裂する場合がもっとも多い。受傷直後に尿道口から血液の排出をみたら、尿道損傷を考え、絶対に排尿を試みさせたりしてはならない。カテーテルを挿入する前に、まず尿道に造影剤を注入してX線撮影を行い、損傷の部位と程度を確認する。尿道が完全に断裂したときは、造影剤は膀胱(ぼうこう)内へは到達しない。骨盤腔(くう)内に多量の出血がおこり、排尿はできない状態なので、ただちに手術を要する。部分断裂の場合には、細いカテーテルが膀胱内に無理なく挿入できれば、それを留置しておけば治癒する。
 前部尿道の損傷も、後部尿道の場合と同じ機序でおこるが、カテーテルや膀胱鏡などの挿入時にもおこりうるので、これらの操作には十分な注意を要する。
 尿道損傷の治癒後は、多かれ少なかれ尿道狭窄(きょうさく)を合併するので、細い棒状の尿道ブジー(消息子)を挿入して拡張するが、尿道再建術が必要となる場合もある。[松下一男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

尿道損傷の関連キーワード自慰

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android