コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屏風山 ビョウブサン

デジタル大辞泉の解説

びょうぶ‐さん〔ビヤウブ‐〕【屏風山】

青森県北西部、津軽半島西岸にある砂丘。南北約30キロメートル、東西3~5キロメートルに広がる。西側の海岸寄りに平行して七里長浜が続く。屏風山砂丘。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕屏風山(びょうぶさん)


青森県西部、津軽(つがる)半島西岸の七里長浜(しちりながはま)沿いに発達した砂丘地をいう。南北の長さ約25km、幅3~5km。最高所は往古之木嶺(おこのぎながれ)の標高79m。冬季、強い西風にさらされU字形砂丘など各種の砂丘地形が発達。東側は後背湿地をなし、点在する沼地には高山植物がみられる。一帯は津軽国定公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屏風山
びょうぶさん

青森県西部、津軽半島西岸の七里長浜(しちりながはま)に沿う砂丘地。南は鳴沢(なるさわ)川河口から、北は十三(じゅうさん)湖に至る南北約30キロメートル、東西は3~5キロメートルの地域。最高点は79メートルの往古之木嶺(おこのきながれ)。低地には湿地や平滝(ひらたき)沼、大滝沼、雁(かり)沼などの沼地、溜池(ためいけ)が点在する。砂丘は黒松や杉、カシワで覆われるが、1682年(天和2)以降弘前(ひろさき)藩が防風、防砂、および農業用水の水源涵養(かんよう)を目的として植林したものである。1965年(昭和40)ころから開畑が進み、スイカ、メロンの特産地となった。1972年からは国営屏風山開拓建設事業所によって農道やスプリンクラーによる灌漑(かんがい)施設の整備が進み、900ヘクタールが畑地化された。屏風山権現崎(びょうぶさんごんげんざき)県立自然公園の一部。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

屏風山の関連キーワード青森県つがる市木造館岡亀ヶ岡石器時代遺跡野呂武左衛門亀ヶ岡遺跡青森(県)箱根関跡水縄山地津軽平野箱根山真名川横山往古箱根恐山木造

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android