コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

展覧会の絵 てんらんかいのえTableaux d'une exposition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

展覧会の絵
てんらんかいのえ
Tableaux d'une exposition

ロシアの作曲家 M.ムソルグスキーピアノ組曲。 1874年作曲。 10曲から成り,各曲の前奏や間奏にあたる「プロムナード」が添えられている。原曲のほか M.ラベル,L.カイエ編曲の管弦楽曲が有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

展覧会の絵【てんらんかいのえ】

ムソルグスキーのピアノ組曲。建築家で画家としても知られた友人ビクトル・ハルトマン〔1842-1873〕の死を悼み,その絵を題材にして1874年に作曲された。〈プロムナード〉の旋律で全10曲の小品を結び合わせた独創的な構成の作品で,オペラボリス・ゴドゥノフ》とともにフランス近代の作曲家に多大な影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

展覧会の絵

ロシアの作曲家モデスト・ムソルグスキーのピアノ組曲(1874)。ムソルグスキーの代表作の一つ。フランスのラヴェルによる管弦楽編曲版も広く知られる。

展覧会の絵

フランスの作曲家モーリス・ラヴェルがモデスト・ムソルグスキーのピアノ組曲『展覧会の絵』を管弦楽曲として編曲したもの(1922)。原題《Tableaux d'une exposition》。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんらんかいのえ【展覧会の絵 Kartinki s vystavki[ロシア]】

ロシア国民楽派の作曲家ムソルグスキーが1874年に作曲した10曲からなるピアノ組曲。作曲の前年に没した友人の画家ハルトマンの追悼展覧会での印象をもとにつくられた。第2,3,5,7曲の前にプロムナードが置かれ,それは絵と絵との間を歩く情景を表しているといわれる。楽曲は(1)小人,(2)古城,(3)チュイルリ(遊んだ後の子どものけんか),(4)ブイドロ(牛),(5)卵の殻をつけたひなどりのバレエ,(6)2人のユダヤ人(太ったのと瘦せたの),(7)リモージュの市場,(8)カタコンベ,(9)鶏の足の上に建っている小屋,(10)キエフの大門,の構成になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんらんかいのえ【展覧会の絵】

ムソルグスキーのピアノ曲。全一〇曲。1874年作。早世した友人の画家ハルトマンの遺作展覧会の印象をもとにした作品。ラベルによる管弦楽用編曲(1922年)も有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

展覧会の絵
てんらんかいのえ
Картинки с выставки Kartinki s vstavki ロシア語
Tableaux d'une expositionフランス語

ロシアの作曲家ムソルグスキーのピアノ独奏のための組曲。1874年作曲。前年に世を去った友人の画家ビクトール・ハルトマンの遺作展が直接の創作動機となった。10枚の絵とそこから受けた印象を個々に描写したもので、これら「こびと」「古城」「キエフの大門」など10の小品に加えて、「プロムナード」と題した前奏が間奏としても幾度か現れて全体に統一性を与える。自然主義的な表現と叙情的な表現が錯綜(さくそう)したロシア民族楽派特有の音楽といえよう。この作品には6通りの管弦楽用編曲があるが、そのなかでもっとも有名なのはラベルによるもの(1922)で、巧みなオーケストレーションによって原作にさらに彩りを添えている。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の展覧会の絵の言及

【ムソルグスキー】より

…虐げられた農民への深い同情と社会の矛盾を告発する数多くの歌曲(《カリストラート》1864,《子守歌》1865,《かわいいサビシナ》1866,《神学生》1866,《みなしご》1868,《人形芝居》1870など)は音楽における批判的リアリズムの代表作とされる。ピアノ曲《展覧会の絵》(1874)は独創的な音画集で,西欧の印象主義に強い影響を与えた。オペラ《ホバンシチナ》など,いくつかの未完の作品が,N.A.リムスキー・コルサコフらの手で補完され,演奏されている。…

※「展覧会の絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

展覧会の絵の関連情報