コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

層位学的研究法 そういがくてきけんきゅうほう stratigraphical method

2件 の用語解説(層位学的研究法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

層位学的研究法
そういがくてきけんきゅうほう
stratigraphical method

堆積土層の層序を確定し,そこに包含されている遺物の新旧を決定する方法。同一地点で,後世の攪乱がない状態であれば,下層のものは上層のものより古く,これが相対的年代を決める一つのよりどころとなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

層位学的研究法【そういがくてきけんきゅうほう】

考古学用語。層位学考古学に応用し,同一地点における遺物を包含する層位の上下関係によって遺物の年代の先後を決定する方法。攪乱(かくらん)を受けていない地層においては,同一地点における下層の遺物は上層の遺物より古いという原理に基づく。
→関連項目テル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

層位学的研究法の関連キーワードウーレ聖書考古学先史学先史考古学認知考古学森浩一富山考古学会大場磐雄工藤雅樹《考古学》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone