コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

層位学的研究法 そういがくてきけんきゅうほうstratigraphical method

2件 の用語解説(層位学的研究法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

層位学的研究法
そういがくてきけんきゅうほう
stratigraphical method

堆積土層の層序を確定し,そこに包含されている遺物の新旧を決定する方法。同一地点で,後世の攪乱がない状態であれば,下層のものは上層のものより古く,これが相対的年代を決める一つのよりどころとなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

層位学的研究法【そういがくてきけんきゅうほう】

考古学用語。層位学考古学に応用し,同一地点における遺物を包含する層位の上下関係によって遺物の年代の先後を決定する方法。攪乱(かくらん)を受けていない地層においては,同一地点における下層の遺物は上層の遺物より古いという原理に基づく。
→関連項目テル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone