コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下洋輔 やました ようすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下洋輔 やました-ようすけ

1942- 昭和後期-平成時代のジャズピアニスト。
昭和17年2月26日生まれ。山下啓次郎の孫。高校在学中からジャズバンドにくわわる。昭和44年自分のトリオを結成,フリーフォームジャズとして海外でも評判となった。58年トリオ解散。以後ソロ活動を中心にクラシックにまでおよぶ演奏活動をおこなっている。東京出身。国立(くにたち)音大卒。著作に「風雲ジャズ帖」「ドバラダ門」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山下洋輔
やましたようすけ
(1942― )

ジャズ・ピアノ奏者。東京生まれ。9歳から12歳までバイオリンを個人教授について習っていたが、中学生のとき兄のバンド仲間に誘われピアノを始める。1960年(昭和35)麻布(あざぶ)高校卒業と同時にプロ・ミュージシャンとなるが、2年後の62年、国立(くにたち)音楽大学作曲科に入学。在学中から先鋭的なジャズ・ミュージシャンの活動拠点である「新世紀音楽研究所」に所属する。
 1964年、ドラム奏者富樫雅彦(とがしまさひこ)(1940―2007)とバンドを結成。66年アメリカ、バークリー音楽院から帰国したアルト・サックス奏者渡辺貞夫のグループに2か月間在籍、同年東京・新宿にある紀伊國屋(きのくにや)ホールで初めてのコンサートを開く。67年から肋膜炎(ろくまくえん)のため1年以上の療養生活を送るが、その間『音楽生活』誌上に論文「ブルーノート研究」を発表、高い評価を受ける。
 1969年、テナー・サックス奏者中村誠一(1947― )、ドラム奏者森山威男(たけお)(1945― )と山下洋輔トリオを結成、エネルギーに満ちた強烈なフリー・スタイルの演奏が日本のジャズ界に衝撃を与える。とりわけ、学園紛争でバリケード封鎖された早稲田(わせだ)大学構内で行われたセッション(1969)は、その場に居合わせたファンによって伝説的に語り継がれ、後に作家立松和平(たてまつわへい)らの手により『ダンシング古事記』(1969)としてアルバム化された。72年アルト・サックス奏者坂田明(1945― )が中村にかわって山下トリオに参加、このメンバーで74年に初めてのヨーロッパ・ツアーを行い各地で絶賛される。このころよりソロ・ピアノによる活動も始める。75年森山にかわり小山彰太(しょうた)(1947― )が山下トリオのドラム奏者となり、76年モントルー・ジャズ・フェスティバル、79年ニューポート・ジャズ・フェスティバルに参加するなど、山下は世界的ミュージシャンとして認知される。80年から坂田にかわり武田和命(かずのり)(1939―89)、林栄一(1950― )の2人がサックス奏者としてバンドに加わる。83年グループを解散、以後はソロ・ピアノ活動のほか「パンジャ・スイング・オーケストラ」をはじめ、和太鼓奏者の林英哲(えいてつ)(1952― )、井上道義(みちよし)(1946― )指揮の新日本フィルハーモニー交響楽団との共演など、異ジャンルとの交流を積極的に行う。列挙すれば、ピアノ奏者マル・ウォルドロン、サックス奏者ベニー・ウォレスBennie Wallace(1946― )、韓国の伝統打楽器グループのサムルノリ、和太鼓集団の鼓童(こどう)との共演など、その活動範囲は通常のジャズ・ミュージシャンの枠を越え多岐にわたっている。
 また1986年にはエッセイ集『アメリカ乱入事始め』を上梓(じょうし)するなど執筆活動も精力的に行う。『小説新潮』誌に連載された、祖父を題材とした伝記小説「三十一億五千三百六十万秒の霹靂(へきれき)」(後に『ドバラダ門』(1990)と改題されて出版)は、ミュージシャンの余技を越えた作品として評価を得る。他に『風雲ジャズ帖』(1975)など著作は10冊を越える。代表的なアルバムに『クレイ』(1974)、『キアズマ』(1975)、『モントルー・アフター・グロウ』(1976)がある。
 彼のピアノ奏法は、セシル・テーラーに端を発するフリー・ジャズ・ピアノの延長上にあるとはいえ、その表現内容は日本人としての独自性をもっている。また、ジャンル横断的活動が日本のジャズ聴衆の幅を広げた功績は大きい。[後藤雅洋]
『『アメリカ乱入事始め』(文春文庫) ▽『ドバラダ門』(新潮文庫) ▽『風雲ジャズ帖』(徳間文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山下洋輔の言及

【テーラー】より

…60~70年代のフリー・ジャズ時代に入ると,フリー・ジャズのパイオニアとして特にヨーロッパから人気を得た。日本では初期の山下洋輔(1942‐ )に影響を与えた。代表作に《カフェ・モンマルトルのセシル・テーラー》(フォンタナ),《ユニット・ストラクチャーズ》(ブルーノート)などがある。…

※「山下洋輔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山下洋輔の関連キーワードヨアヒム・E. ベーレントホルスト ウェーバーセシル テイラーもけら もけらウクレレえいじキム ドクスジョージ川口カンゾー先生浅川 マキ吉沢 元治八木 正生小山 松吉富樫 雅彦元永定正ドオン!阿部 薫相倉久人富樫雅彦タモリ坂田明

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山下洋輔の関連情報