コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中共古 やまなか きょうこ

2件 の用語解説(山中共古の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山中共古 やまなか-きょうこ

山中笑(やまなか-えむ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山中共古

没年:昭和3.12.10(1928)
生年:嘉永3.11.3(1850.12.6)
明治大正期のキリスト教伝道者,民俗学者。本名笑。幕臣山中三九郎保全の次男。江戸西念寺横丁(新宿区四谷)生まれ。皇女和宮の広敷添番を務めたのち明治6(1873)年,徳川慶喜に従い静岡に移る。静岡藩英学教授を経て,同7年土屋彦六らと共にカナダ宣教師D.マクドナルドから洗礼を受け,同11年日本メソジスト教職試補となり伝道を開始する。以後,浜松,東京下谷,甲府,静岡吉原などの教会を転任。その間,各地の習俗や民俗資料を独自に捜集,記録に書き留め,日本民俗学の先駆的業績を残す。甲府での見聞をまとめた『甲斐の落葉』は柳田国男の編集した「炉辺叢書」の1冊として刊行された。200冊もの洒落本からの抜き書き注釈書『砂払』の著者でもある。<参考文献>広瀬千香『山中共古ノート』1~3集

(坪内祐三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山中共古の関連キーワードキリスト教会バチェラー八重子キリスト教徒伝道師石田友治江原万里沢崎堅造須田清基松村里子武藤ヒデ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone