山刀(読み)サントウ

世界大百科事典 第2版の解説

やまがたな【山刀】

おもに焼畑などの山林伐採や狩猟の際の獲物の皮はぎなどに用いる。これを動物との格闘刺突に使用するのは危急の場合に限られる。一般に小型で片刃のものが多く,野鍛冶(のかじ)に打たせたもの,または昔の脇指を切り縮めたものなどがある。地方により名を異にし,九州山地ではヤマカラシ,四国西部でサッカン中国山地でホウチョウ,青森県津軽地方でコバヤリ,秋田県阿仁でマキリ(これはアイヌ語と同じ)など各地ごとにちがっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんとう【山刀】

やまがたな。

やまがたな【山刀】

山仕事をする人の用いる鉈なたのような形の刃物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐とう ‥タウ【山刀】

〘名〙 きこりや登山者などが、木を切りはらったりするために携行する鉈(なた)に似た刀。やまがたな。

やま‐がたな【山刀】

〘名〙 山仕事などに用いる刃物。猟師・きこり・炭焼きなど山仕事をする人や登山者などが用いる、鉈(なた)の形をした、刃が広く地質が厚い刃物。
※俳諧・桜川(1674)春二「藤つるのまくはうの木や山かたな〈一葉〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山刀の関連情報