コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山刀 サントウ

5件 の用語解説(山刀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さん‐とう〔‐タウ〕【山刀】

やまがたな。

やま‐がたな【山刀】

猟師やきこりなどが山仕事に使用する、鉈(なた)状の刃物。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまがたな【山刀】

おもに焼畑などの山林伐採や狩猟の際の獲物の皮はぎなどに用いる刀。これを動物との格闘刺突に使用するのは危急の場合に限られる。一般に小型で片刃のものが多く,野鍛冶(のかじ)に打たせたもの,または昔の脇指を切り縮めたものなどがある。地方により名を異にし,九州山地ではヤマカラシ,四国西部でサッカン中国山地でホウチョウ,青森県津軽地方コバヤリ,秋田県阿仁でマキリ(これはアイヌ語と同じ)など各地ごとにちがっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんとう【山刀】

やまがたな。

やまがたな【山刀】

山仕事をする人の用いる鉈なたのような形の刃物。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山刀の関連情報