山岸章(読み)やまぎしあきら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山岸章
やまぎしあきら

[生]1929.7.18. 大阪,大阪
[没]2016.4.10.
労働運動家。日本労働組合総連合会(連合)初代会長。1948年金沢逓信講習所を卒業し,郵便局員となる。全逓信労働組合全逓)に加入し,民主化同盟系全逓の活動家として頭角を現す。1949年の全逓富山地区本部執行委員を皮切りに組合専従者となり,1950年の全国電気通信労働組合(全電通。→公共企業体等労働組合協議会)結成と同時にその富山県支部書記長に就任。その後中央執行委員,書記長を歴任し,1982年に第8代委員長となる。官公労組と民間労組の統一に取り組み,1989年11月連合の発足に伴い初代会長に就任。1993年に 3選を果たし,1994年10月辞任。政界にも影響力をもち,日本社会党などリベラル勢力の結集に尽力,1993年8月に発足した細川連立内閣の仕掛人の一人ともいわれた。(→労働運動

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山岸章 やまぎし-あきら

1929- 昭和後期-平成時代の労働運動家。
昭和4年7月18日生まれ。全電通富山支部書記長,全電通書記長などをへて昭和57年委員長。62年全日本民間労働組合連合会(連合)副会長。官民労組の統一につとめ,平成元年日本労働組合総連合会(新連合)の初代会長となる。「反自民,非共産」を旗印に政界再編を推進した。大阪出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山岸章の関連情報