コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山岸章 やまぎしあきら

2件 の用語解説(山岸章の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山岸章
やまぎしあきら

[生]1929.7.18. 大阪
労働運動家。 1948年金沢逓信講習所を卒業し,郵便局員となる。その後全逓に加入し,民同系全逓の活動家として頭角を現す。 49年の全逓富山地区本部執行委員皮切りに組合専従となり,50年の全電通結成と同時にその初代富山支部書記長に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山岸章 やまぎし-あきら

1929- 昭和後期-平成時代の労働運動家。
昭和4年7月18日生まれ。全電通富山支部書記長,全電通書記長などをへて昭和57年委員長。62年全日本民間労働組合連合会(連合)副会長。官民労組の統一につとめ,平成元年日本労働組合総連合会(新連合)の初代会長となる。「反自民,非共産」を旗印に政界再編を推進した。大阪出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山岸章の関連キーワード戦争文学大恐慌世界大恐慌大恐慌アナール学派田中義一内閣東欧演劇ウィーン幻想派クウィッデフーバー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山岸章の関連情報