コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本唯三郎(読み)やまもと たださぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本唯三郎 やまもと-たださぶろう

1873-1927 明治-大正時代の実業家。
明治6年11月8日生まれ。天津(中国)の松昌洋行支配人となり,のち店主。第一次大戦の開戦船成金となるが,大正9年の恐慌で財産をうしなった。昭和2年4月17日死去。55歳。岡山県出身。札幌農学校(現北大)卒。旧姓は坂斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山本唯三郎の言及

【成金】より

… 成金の社会的行動の特徴は,虚栄の権化となり,成金風を吹かせるという,物質的な生活に金銭を投じ贅(ぜい)をきわめることであった。内田信也の百畳敷の大広間をもった須磨御殿,山本唯三郎が船成金大尽の急先鋒となり朝鮮に200人の征虎隊を組織して虎狩りを催し,帝国ホテルで朝野知名の士を招待し虎肉試食会を開いた話をはじめ,ぜいたくな宴会,広壮な邸宅,自動車,骨董(こつとう)趣味に話題が集中していた。1幅の掛物,1個の茶器に20余万円を投じたり,一人前500円の料理での宴会とか,御祝儀が50円,100円という庶民の生活感覚では想像を絶するようなことが行われていた。…

※「山本唯三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android