コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼百合 オニユリ

デジタル大辞泉の解説

おに‐ゆり【鬼百合】

ユリ科の多年草。山野に自生し、高さ約1メートル。地下に白い鱗茎(りんけい)をもつ。葉は細長く、付け根に黒紫色のむかごを生じる。夏、紫色の斑点のある黄赤色の花が咲く。鱗茎は食用。観賞用に栽培。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おにゆり【鬼百合】

ユリ科の多年草。茎には紫褐色の斑点があり、高さ約1.5メートル。葉は広線形で、葉腋ようえきに黒紫色の珠芽をつける。夏、茎頂付近に、赤黄色で内側に黒紫色の斑点のある花を数個から二〇個内外下向きに開く。結実はしない。鱗茎りんけいは食用。テンガイユリ。 [季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鬼百合 (オニユリ)

学名:Lilium lancifolium
植物。ユリ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鬼百合の関連キーワードユリ(百合)熊谷守一珠芽

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鬼百合の関連情報