コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山雀 ヤマガラ

デジタル大辞泉の解説

やま‐がら【山×雀】

シジュウカラ科の鳥。全長14センチくらい。背面が青灰色、腹面赤褐色で、頭とのどは黒い。日本・朝鮮半島・台湾に分布し、低山や平地の林にすむ。人になれやすく、仕込むと神社の前でおみくじを引くなどの芸をする。やまがらめ。 夏》「―や榧(かや)の老木に寝にもどる/蕪村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまがら【山雀】

スズメ目シジュウカラ科の小鳥。全長約14センチメートル。腹面は栗色、のどと目の上が黒く顔はクリーム色、背面は灰色。低山帯の森林にすみ、昆虫や木の実などを食べる。鳴き声がよく飼い鳥にもする。日本各地と千島・朝鮮半島・台湾に分布。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山雀 (ヤマガラ)

学名:Parus varius
動物。シジュウカラ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

山雀の関連キーワードクリーム色ベルガ飼い鳥低山帯木の実曲芸小鳥森林栗色千島昆虫

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山雀の関連情報