コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡崎乾二郎 おかざきけんじろう

百科事典マイペディアの解説

岡崎乾二郎【おかざきけんじろう】

美術家。東京生れ。多摩美大中退。1978年Bゼミ展出品。1982年パリ・ビエンナーレに出品。洋服の型紙から形を取り出しポリプロピレンで制作する模型のような立体作品から,絵画,8ミリ映画,コンピューターを用いた作品,展覧会企画,評論等,活動の場は多岐にわたる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡崎乾二郎
おかざきけんじろう
(1955― )

画家、彫刻家。東京都生まれ。父は建築家。1977年(昭和52)多摩美術大学彫刻科を中退した後、1979年現代美術ベイシックゼミナール(Bゼミスクール)を修了。1986~1987年ACC(Asian Cultural Council)の奨学金で渡米したのをはじめ、1990年(平成2)にはアメリカ、テキサス州のトリニティ大学芸術学部で特別招聘講師を務め、1994年にはメルセデス・ベンツ社のスカラシップにより渡仏、1999年にはカナダのバンフ芸術センターに招聘されるなど豊富な海外留学経験を持つ。
 初個展は1981年、村松画廊(東京)で開催された「たてもののきもち building through construction」で、以後南天子画廊、ヒルサイドギャラリー、ゆーじん画廊(いずれも東京)などで個展を開く。1982年にパリ青年ビエンナーレに参加したのをはじめ、ほぼ毎年、国内代のグループ展にも参加している。
 8ミリ映画『回想のヴィトゲンシュタイン』(1988)やコンピュータ・アートワーク『Random Accident Memory』(1993。ドキュメント・フィルムや写真、テキストをコンピュータに入れ、観客が自由に各断片を選択しストーリーを組み立てていく体験型作品)の制作など、1980年代初頭に頭角を現して以来、狭い枠にとらわれない幅広い活動を展開している。だが中心はやはり美術にあり、なかでもアクリル絵の具の色斑(いろむら)を画面の中にランダムに配置した抽象絵画と木、石膏、粘土、セラミック、ブロンズといった素材を駆使した豊かなボリュームの彫刻の連作は、長年にわたって岡崎の制作活動の中心を占めてきた。そのほか、1980年代に制作された『あかさかみつけ』と題された切り紙細工のようなレリーフ・コンストラクション作品も、ドナルド・ジャドやアンソニー・カロからの影響を独自に消化した作品として知られている。
 アート・プロデュースや批評執筆に多くの労力が割かれているのも、岡崎の作家活動における際立った特徴である。前者の活動としては1994年(平成6)から着手された広島県甲奴(こうぬ)郡総領(そうりょう)町(現庄原(しょうばら)市)での「灰塚(はいづか)アースワーク・プロジェクト」や「アトピックサイト」展(東京ビッグサイト、1996)へのキュレーター参加、ベネチア・ビエンナーレ「建築展」(2002)へのディレクター参加などがある。後者の活動としては雑誌『FRAME』『批評空間』での執筆活動や『ルネサンス 経験の条件』(2001)、『芸術の設計』(2007)の出版などが挙げられる。とりわけ『ルネサンス 経験の条件』は、ルネサンス期の建築家ブルネレスキと画家マサッチョの作品分析を起点に、透視図法の起源とメカニズムを解析すると同時に、印象派以降の美術史やアメリカン・フォーマリズム(形式主義)といった言説に内包されている理論的矛盾を暴(あば)こうとする緻密にして意欲的な試みであり、岡崎が極めて優れた理論家であることを証明するものであった。このように、岡崎の活動は実践と理論とが分ちがたく結びついており、どちらか一方に偏(かたよ)ってしまっても適切に理解できない性質を持っている。
 2002年に軽井沢のセゾン現代美術館で開催された大規模な個展は、今までの活動の集大成であると同時に、岡崎のそのような困難な立場をあらためて浮き彫りにするものであった。同年には松浦寿夫と共著『絵画の準備を!』を出版している。近年は近畿大学国際人文科学研究所教授、同副所長として、教育にも力を入れている。夫人はガートルード・スタインの翻訳などで知られる在日韓国人の詩人パクキョンミ(1956― )。[暮沢剛巳]
『『ルネサンス 経験の条件』(2001・筑摩書房) ▽岡崎乾二郎・松浦寿夫著『絵画の準備を!』(2002・セゾンアートプログラム)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岡崎乾二郎の関連キーワード美術家

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡崎乾二郎の関連情報