岡松和夫(読み)オカマツカズオ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡松和夫 おかまつ-かずお

1931-2012 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和6年6月23日生まれ。少年時代に両親をうしない,学生時代は政治活動に参加する。昭和34年「壁」で文学界新人賞,51年「志賀島(しかのしま)」で芥川賞,61年「異郷の歌」で新田次郎文学賞,平成10年「峠の棲家」で木山捷平(しょうへい)文学賞。体験,見聞にもとづく手堅い作風をふかめる。昭和48年関東学院女子短大教授。平成24年1月21日死去。80歳。福岡県出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android