岡田山1号墳(読み)おかだやまいちごうふん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島根県松江市大草(おおくさ)町・大庭(おおば)町の通称岡田山の丘陵上にある古墳群(7基)のなかの一つ。1号墳は全長約24メートルの前方後方墳であるが、前方部前面に長さ約23メートル、幅28~29メートルの平坦(へいたん)地がつくられている。後方部には長さ5.6メートルの横穴式石室があり、玄室(げんしつ)に組合せ式家形石棺を置く。家形石棺の西側に接して板状石を組み合わせた施設があり、後述の象眼(ぞうがん)銘をもつ鉄刀は、「長子孫」銘内行花文鏡(ないこうかもんきょう)や他の3本の大刀とともにこの中に収められていた。1号墳の石室が発掘されたのは1915年(大正4)であるが、前掲のもののほか刀子(とうす)、鉄鏃(てつぞく)、金銅丸玉、馬具類、須恵器(すえき)類などが出土している。また、70年(昭和45)の調査で、墳丘上から多数の円筒埴輪(はにわ)片と子持壺(こもちつぼ)が認められた。
 1983年(昭和58)、元興寺(がんごうじ)文化財研究所で1号墳出土遺物の保存修理中、X線撮影によって円頭大刀の刀身部に「各田ア臣□□□素□大利□」という象眼銘が認められた。各田宜ア臣(額田部臣(ぬかたべのおみ))は出雲(いずも)地方の豪族名とみられ、氏姓制、部民制の起源や、大和(やまと)と出雲の関係を究明するうえにきわめて重要な発見といえよう。65年、1号墳は、隣接している2号墳(径約43メートル、高さ6.5メートルの円墳)とともに「岡田山古墳」として国の史跡に指定されている。[池田満雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android