コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田山古墳 おかだやまこふん

2件 の用語解説(岡田山古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おかだやまこふん【岡田山古墳】

松江市大草町の八雲立つ風土記の丘内にある古墳群で,大小7基の墳墓が確認されている。1号墳と2号墳が比較的大きく,2号墳は直径約43mの円墳であるが,未発掘。1号墳は主軸を南北方向にとる全長約24mの前方後方墳で,後方部は幅約14m,高さ約4m,前方部も幅約14m,高さは3.5mを測る。墳丘は3段築成で,前方部前面に長方形テラスをもつ。くびれ部と後方部の墳麓から円筒埴輪と子持壺が出土。後方部には西に開口する全長約5.6mの横穴式石室があり,両袖式で割石を小口積みとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国指定史跡ガイドの解説

おかだやまこふん【岡田山古墳】


島根県松江市大草町にある古墳。通称岡田山の丘陵にあり、大小7基の古墳が確認されている。1号墳、2号墳の2つは比較的大型だが、ほかの5基はきわめて小規模である。1号墳は全長24mの前方後方墳で、後方部は幅約14m、高さ約4m、前方部は幅約14m、高さ約3.5m。内部構造は全長5.6mの横穴式石室で両袖式、玄室内に家形石棺があった。築造年代は6世紀中ごろと考えられる。石室からは、太刀4、鉄器、馬具、花文鏡、須恵器(すえき)などが出土し、いずれも重要文化財に指定されている。1983年(昭和58)に、太刀のうち、円頭太刀の刀身部分から「額田部臣(ぬかたべのおみ)」の銘文が発見され、話題になった。2号墳は1号墳の30m南にある円墳で、直径約43m、高さ約6.5m。島根県内で3番目の大きさだが、1965年(昭和40)に1号墳と2号墳が国の史跡に指定された。現在、古墳は八雲立つ風土記の丘の敷地内に保存されている。JR山陰本線松江駅から一畑バス「風土記の丘入口」下車、徒歩約5分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岡田山古墳の関連キーワード島根県松江市大井町島根県松江市大垣町島根県松江市大草町島根県松江市大野町島根県松江市古曽志町島根県松江市坂本町島根県松江市佐草町島根県松江市大正町島根県松江市大輪町島根県松江市殿町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone