コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡部長景 おかべながかげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡部長景
おかべながかげ

[生]1884.8.28. 大阪
[没]1970.5.30. 東京
政治家。東京帝国大学卒業後,外務省文化事業部長,内相秘書官長などを歴任。貴族院議員に勅選された。研究会官僚派に属し大政翼賛会,翼政会総務をつとめ,1943年東条英機内閣の文相となった。第2次世界大戦後A級戦犯容疑で逮捕された。釈放後国立近代美術館館長,国際文化振興会理事長などをつとめた。朝日新聞社社主であった村山長挙の実弟。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡部長景 おかべ-ながかげ

1884-1970 大正-昭和時代の官僚,政治家。
明治17年8月28日生まれ。岡部長職(ながもと)の長男。村山長挙(ながたか)の兄。外務省にはいり,亜細亜局文化事業部長,内大臣秘書官長などをへて昭和5年貴族院議員。18年東条内閣の文相となり,学徒動員,勤労動員をすすめた。27年国立近代美術館長。昭和45年5月30日死去。85歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岡部長景の関連キーワード昭和時代国維会

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android