コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩城宏之 いわきひろゆき

4件 の用語解説(岩城宏之の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩城宏之
いわきひろゆき

[生]1932.9.6. 東京,東京
[没]2006.6.13. 東京
指揮者,打楽器奏者。東京芸術大学器楽科在学中に NHK交響楽団の指揮研究員を経て副指揮者となり,1956年同交響楽団で指揮者デビュー,同団指揮者を経て 1969年終身正指揮者。そのほか名古屋フィルハーモニー交響楽団音楽総監督,札幌交響楽団音楽監督などを歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岩城宏之【いわきひろゆき】

指揮者。東京都生れ。東京芸術大学打楽器科中退。1956年指揮者デビュー,1969年よりNHK交響楽団正指揮者を務める。札幌交響楽団正指揮者,オーケストラアンサンブル金沢の音楽監督も務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩城宏之 いわき-ひろゆき

1932-2006 昭和後期-平成時代の指揮者。
昭和7年9月6日生まれ。東京芸大打楽器科に籍をおくかたわら渡辺暁雄(あけお),斎藤秀雄に指揮をまなぶ。昭和31年NHK交響楽団を指揮してデビュー。44年N響終身正指揮者となる。現代音楽と積極的にとりくみ,また世界の名門オーケストラを指揮し,国際的に活躍。平成14年芸術院恩賜賞。15年芸術院会員。18年朝日賞。同年6月13日死去。73歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩城宏之
いわきひろゆき
(1932―2006)

指揮者。東京生まれ。東京芸術大学音楽学部打楽器科を中退、1956年(昭和31)にNHK交響楽団指揮研究員となり、渡辺暁雄(あけお)、斎藤秀雄に指揮を師事。同年、N響特別演奏会でチャイコフスキーの交響曲第6番『悲愴(ひそう)』を指揮してデビュー。60年のN響世界一周演奏旅行に参加、以後国内はもとより、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、バンベルク交響楽団をはじめ欧米諸都市のオーケストラの客演指揮を務めた。現代曲とりわけ日本人作曲家の初演作品の指揮および録音を多く手がけ、その普及に貢献した。
 1988年(昭和63)より日本最初の職業室内オーケストラであるオーケストラ・アンサンブル金沢の音楽監督を務めた。同オーケストラのために作品を委嘱して定期公演で取り上げるほか、「21世紀へのメッセージ」としてCD録音し、室内オーケストラのレパートリーの開拓にも貢献した。東京混声合唱団音楽監督、メルボルン交響楽団終身桂冠指揮者、札幌交響楽団終身桂冠指揮者、N響終身正指揮者を兼任。オーストラリア大勲章(1985)、サントリー音楽賞(1988)、フランス芸術文化勲章(1990)、放送文化賞(1993)、紫綬(しじゅ)褒章(1996)、日本芸術院恩賜賞(2002)、朝日賞(2006)などを受けた。『楽譜の風景』(1983)など多数の著作があり、91年(平成3)には日本エッセイストクラブ賞を受賞。[楢崎洋子]
『『岩城音楽教室――ワクをはずして、もっと楽しもう』(1977・光文社) ▽『行動する作曲家たち――岩城宏之対談集』(1986・新潮社) ▽『森のうた』(1990・朝日新聞社) ▽『いじめの風景』(1996・朝日新聞社) ▽『作曲家武満徹と人間黛敏郎』(1999・作陽学園出版部) ▽『指揮のおけいこ』(1999・文芸春秋) ▽『オーケストラの職人たち』(2002・文芸春秋) ▽『音の影』(2004・文芸春秋) ▽『九段坂から――棒ふりはかなりキケンな商売』(朝日文庫) ▽『楽譜の風景』『フィルハーモニーの風景』(岩波新書) ▽『岩城宏之のからむこらむ』『ハニホヘト音楽説法』(新潮文庫) ▽『棒ふりの休日』『棒ふりの控室』『棒ふりのカフェテラス』(文春文庫) ▽『回転扉のむこう側』(集英社文庫)』
「岩城宏之指揮、オーケストラ・アンサンブル金沢演奏『21世紀へのメッセージ Vol.1~4』(1994~97・ポリドール) ▽同指揮、同演奏『岩城宏之・モーツァルト全集 有名交響曲集』CD4枚組(2001・コジマ録音)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岩城宏之の言及

【NHK交響楽団】より

…51年現在の名称に改称。51‐54年K.ウェスが常任指揮者をつとめ,ついでN.エッシュバッハー,W.ロイブナー,W.シュヒターらが指揮をとり,69年からは岩城宏之があたっている。安定した堅実な演奏には定評があり,マタチッチやサワリッシュを名誉指揮者に迎え,いっそうその趣をつよくしている。…

※「岩城宏之」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岩城宏之の関連キーワード小野木朝子金子卓義木戸蓊佐野ぬい篠竹幹夫二宮宏之服部ケイ正森成二山田信夫(2)山本悟

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩城宏之の関連情報