岩本 栄之助(読み)イワモト エイノスケ

20世紀日本人名事典の解説

岩本 栄之助
イワモト エイノスケ

明治・大正期の株式仲買人



生年
明治10(1877)年4月2日

没年
大正5(1916)年10月27日

出生地
和歌山県海草郡下津町

出身地
大阪府大阪市南区

学歴〔年〕
大阪高卒,明星外語学校

経歴
株式仲買人・岩本栄蔵の二男。明治39年大阪株式取引所仲買人となる。日露戦争後の狂乱相場で200万円の利益を獲得、若くして“北浜風雲児”と称された。“義俠の人”とも呼ばれ、43年相場で得た資金100万円(現在の100億円以上)を大阪市に寄付、大正期の名建築といわれる中之島の中央公会堂(大正7年竣工)を建てたことで知られる。また、野村証券創立者・野村徳七窮地を救うなどのエピソードの持ち主でもある。第一次大戦後の相場に失敗し、5年10月自宅でピストル自殺を図り、5日後死亡した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

岩本 栄之助 (いわもと えいのすけ)

生年月日:1877年4月2日
明治時代;大正時代の株式相場師。仲買人組合委員長
1916年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android