コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩本子英 いわもと しえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩本子英 いわもと-しえい

?-1715 江戸時代前期-中期の俳人。
伊勢(いせ)(三重県)松坂の人で,江戸にすむ。法樹院加友(一説に初代高井立志)の門人。宝永4年剃髪記念の百韻が「つげのまくら」と題して刊行された。正徳(しょうとく)5年6月2日死去。通称は忠兵衛。姓は山本とも。編著に「秋かぜ」など。
【格言など】白雲と戸田のわたりや郭公(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岩本子英の関連キーワードルイルイルイ王朝様式ナティエ森川許六ルイ14世イーペルディナールイ[14世]ロココ美術

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone