岩石繊維(読み)がんせきせんい(英語表記)rock fibre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩石繊維
がんせきせんい
rock fibre

岩綿あるいはロックウールともいう。無機繊維の一つ。玄武岩安山岩,またはこれらと類似の成分をもつ火山岩および蛇紋岩,橄欖岩など粘土質鉱物,石灰岩,マンガン鉱滓などの鉱石を適当に配合して原料とする。これらの鉱石を1~5cmの大きさに砕き,コークスと交互にキュポラの中に入れて 1500℃前後で溶融し,圧搾空気で吹飛ばしてつくる。 1897年にアメリカの C.ホールが天然の石灰岩質粘板岩を原料としてつくったのが始り。充填材として建築物などの吸音,断熱に利用する。また製品としては (1) 保温板 繊維を水中で溶かし,接着剤を加えて板状に成形し,保温,保冷,断熱,防火,防音用に使う,(2) 吹付岩綿 無機接着剤などを配合したものを粒状綿に吹きつけてつくる,(3) 粒状綿 繊維を豆粒大に丸め,充填用に使う,(4) 水練材 粒状綿に耐熱性接着剤を配合したもので,水で練合せて塗る保温材,などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

がんせきせんい【岩石繊維】

玄武岩や安山岩などの岩石を溶かして繊維状にしたもの。断熱材や絶縁体・吸音材に利用する。岩綿。ロックファイバー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android